日記・コラム・つぶやき

2017年10月12日 (木)

今度こそ、季節が進む?

《不快》
東名危険運転致死事件(過失となっているけど、私の中では明らかに危険運転)といい、悪口飛び交う選挙といい・・・・不快なことが渦巻いている。
ネガティブな空気というものは、人に不快感を与えるということが良くわかった。
《今日も日中は暑そう》
明らかに夏の暑い日に感じる『暑さ』ではない暑さを感じる日々。交感神経に影響を与える暑さ?
《組みひも》
ダイソーで、組みひもプレートのパクリもんを見つけた。
どこへ力がはいっているのか、ちょっと使うだけで肩が凝る。手持ちの糸で、数本作ってみた。途中で差し込む場所を間違えたり。肩もコリコリ。結構ハードな作業だわぁ。
《季節が進む雨》
昨日までのお天気とは裏腹に、しばらく雨や曇りが続くらしい。週末の過ごし方、『衣替えの続き』と決定。はぁ~~~・・・・。
VSCの個人設定がやっと言うことを聞き始めた。どうやら初歩的なシンタックスミス。
《農園のにんじん》

我が家の農園のにんじんの芽が出始めた。にんじんができるまで育てられるかは不明。
サツマイモは泣かず飛ばず。 €

2017年10月10日 (火)

寒暖差が・・・・

《十五夜の翌日の今日も気温は低い》
うまくは撮れないこと覚悟で、手持ちコンデジもって表へ出た中秋の名月。
空は晴れてたけど、若干霞んだお月様。今年も見ることができました
《朝から冷たい雨》
朝から冷たい雨が降っています。衣替えしなきゃ・・・
《心から・・・》
山へ行くこと、倉敷へジャズを聴きに行くこと・・・いろいろ頭の中で思い浮かべてイメージしても、なんだか心から楽しめるって気がしない今年。父の死が、こんなところへも影響している。あの日から、灰色の靄のようなものが覆いかぶさっている。
《話食いじゃないけど・・》
連休最終日の月曜日は、アナウンスどおり日中の気温差が大きくて、体調がよろしくなかった。交感神経への影響?
なんだか気候に左右される体調にもがっかりである。

カルディでイベリコ豚のパテを売っていたのでワインと一緒にお買い上げ。
安かったんだけれど・・・・う~~ん・・・中庸といったところか
ワインはポルトガルのカベルネ。色濃く、少々飲むのに疲れた。
ワインの初心者が、よく色が濃くて重いの・・・って言うけど、まさにそういった人向き。
赤ワインは濃くて重けりゃ良いってもんじゃない。その日その日のコンディションで、飲みたい味わいは変わってくる。
ちょっと、お勧めコメントに踊らされた自分が恥ずかしかった。
も少し、季節が進んだら 赤ワインをもっと飲みたくなりそう。今年のボージョレプリムールはどうなんだろう。
€

2017年10月 3日 (火)

季節が動く

《蒸し暑さだけが・・》
雨は朝のうちにあがって、蒸し暑さだけが残っている。
週末は、近所の農試の開放デー。毎年楽しみにしている。
ただ、なにやかや野菜を買い込みすぎるのが悩みの種。
《政界再編成》
なにやら、がたがたとにぎやかだ。
いつもの通り道の、ずっと閉まっていた『ネコカフェ』が、今日通りかかると、『保護ネコカフェ』に生まれ変わり中。ここも再編成かぁ。
《ジプシー》
多摩動物園のオランウータンが死んだって。1958年から飼育されていたって。
間違いなく何度も逢ってるオランウータンだね。布っきれを、頭からかぶって、だーらだーらしていた、あのオランウータンだな、きっと。
ご冥福・・・・
《気温が・・》
雨が降るたび、気温が下がってきている感じがします。季節が進み始めました。
墓参から帰ってきて、どこかで風邪を拾って来たのか、体調が変です。ご先祖様が、何かを訴えているのかと思ってみたりもします。
改めて墓碑に書いてあるものを見て、時の経過を感じました。すっかり風化して、書いてあるものが判読できないものも数基。墓移設までに何らかの手がかりを・・・と思っています。
驚いたことに、墓所のある寺の駐車場にも、入り口にも、なぜかフェンスが作られて、外来者を拒む感じになっていました。
寺の住職に何らかの心情の変化があったのか、何かに対して拒む気持ちが強くなってきたのか・・・・ま、今が墓所移動の良いチャンスなのかもしれません。
€

2017年9月22日 (金)

秋・・・かね

《カープ、カープと》
町がうるさくてかなわん!カープファンなんて、大昔に辞めた。広島県人=カープファン だと思ってる人間が多いことに、辟易する。
ローカルテレビなんか、甚だしい。実際テレビに勤務する人間、地元民じゃない人間の方が多いかもしれないのに。
節操ない!アイデンティティはないのか?
クライマックスで、コテンパンにやられて、少し町が静かになってほしいというのが、本音。
イトー○ーカ○ーなんざ、カープだろうがジャイアンツだろうが、ソフトバンクだろうが、どこが優勝してもいつもワーワー言ってる感じがする。商人の本音は、これだろうね。
『便乗商法』
俄かファンで、しばらくは町はうるさい。
《彼岸》
彼岸かぁ・・。墓参り計画しなきゃ。
《夕方の猛烈な雨》
雨が通り過ぎた後が寒い
《27℃ライン》
27℃以下になると・・・・寒い。
《サプリ》
サプリが血圧にちょっかい出しているのかもしれない・・・との医者の言葉に、買い置いてあったサプリには手を付けないでいた。
が、ちょっともったいないので 無くなるまで飲もうと、DHAと酵素を、また飲み始めている。
相方の膵臓強化を目論んで、牡蠣エキスも、ごく最近参戦。血圧にもいいって書いてあったのを鵜呑み。
10月下旬には再検査に行かねば。それまでに飲みきってしまおうと思いつつ。
が、この年になって思うこと・・・・サプリ飲んで体調が劇的によくなることは、まずない。
分かっていながら、つい頼ってしまう弱さを改めねば・・・。


《彼岸花》
気が付けば、そこかしこに彼岸花。情熱的な色だけど、確実に秋の訪れを感じる花。
€

2017年9月13日 (水)

台風、連休頃に接近・・・って・・・

《蝉》
昨日まで、ツクツクボウシが鳴いていた。今朝は、もう蝉の声はない。最後の蝉だったのか・・・・
《ドラレコ取り付け》
リコールの代替品で送られてきたドラレコ、取り付けようとブラケットを見ると、依然つけていたものは代用できない構造。
なんでこんなめんどくさいものを送ってくるかね!?
セリアでシールはがしと、化粧品のコーナーで注射器みたいなのを買って、いつも行く公園の駐車場へ。
べったり張り付いたブラケットをはがすのに、ちょっと時間を取ったけど ほどなくセッティング終了。
あとは、取れた映像をチェックするだけ。
SDカードは、以前入れてた32Gに差し替えた。
お天気が下り坂。気圧低下のせいか、体が異常にだるい。明日は雨か・・・
《雨は上がったけど・・》
蒸し暑い。朝夕、気温が下がってきている実感はあるものの、まだ、暑さを感じる比率のほうが高い。
《父のせいじゃないけど・・》
父の死後、確実に何かが変わって しかも、何にもやる気にならない。困ったものだと思いつつも・・・夏も終わる。

《Win10更新失敗》
無料でwin10になって、超長々の更新に失敗して、win7に戻した普段使いのノート。 
今までのように、以前の状態に完全蘇生とはなっていない。いろんなことがあったこともあり、また、根気がちょっと失せていることもあり、行き当たりばったりで、小刻みな復旧をいまだに続けている。
HDなどの巨大化も原因なのだろうけど、トラブルのたびに、断捨離も兼ねた作業になるなぁ。
仕事も入ってこないこともあって、スライドショー関係のソフトはいまだに復旧させていない。
ずっとこのままなのかも・・・・・・

€

2017年9月 9日 (土)

秋雨

《父の死後・・》
私の先祖は、曾爺さん曾ばあさんの代が、取り婿取り嫁。これ以前のご先祖の話を殆ど聞いたことはなかった。
敢えて話さなかったのか、親も知らなかったのか・・・
そのことが、父の死後妙に気になり始めている。知ったからと言って、何かが変わるということでもないけど・・・。
私のうちは、後継がおらず 閉ざされてしまう運命にある。そんな事をあっけらかんと受け止めている父親に、一度ブチ切れたことがあった。最後の確執だった。
もちろん子供を作らなかった私に責任があるのだけれど、環境を整えようとしてくれなかった家族にも責はあると思っている。
父親でなく母親が生きていてくれたらなら、何らかの提案もあったはず。


ま、そんなことも後の祭りということで どうでもいいんだけれど
取り婿取り嫁を取ってまで、継続させたかった商売ってなんだったのか・・・とか、私の代へ来るまでに、ちゃんと、ご先祖の意思は引き継がれていたのかどうか・・・・とか、今頃になって、気になり始めたというわけだ。
こんな状況になって(さほど残された時間もない)、いろいろと気になり始めるってのが、世の常なんだろうなぁとも思う。

《雨》
珍しくよく降る。
秋雨前線が下がってきているせいらしい。
この国で起きていること、あの国で起きていること、ざっとTVで眺めた。北のミサイルホリックな坊ちゃんも、困ったもんだが、金に卑しい元市議、不倫は文化だと言わんばかりの女議員・・・・・・こんな状態は、まだ、平和なのだろう。
サリン犯と断定されたアサド。地球警察は忙しい。雨は日が暮れても降ったり止んだりを繰り返す。
€

2017年9月 5日 (火)

夜はこのまま涼しいのでしょうか?

《ヒアリ!?》

この町も、とうとう・・・
《寒っ!》
九月に入った途端に、涼しくなった。北へ上っている台風のせいなのか?二日の朝も、涼しさは変わらない。昨夜から夜のエアコンを止めた。仮初じゃなきゃいいけど

九月に入ってからの、涼しい朝が続く。このまま秋突入なのかなぁ・・・・ちょっと寂しい
《たまたま・・》
何気にチャンネルを切り替えたら、ドライブレコーダーのリコールのニュース。よく似たドラレコだなぁ・・・って、うちで使ってるのと同じじゃん!!
今まで火がつかなくてよかったぁ・・・後でメーカーに電話しとこっと。

《季節の変わり目》
急激な気温の変化のせいか、なんだか体調が思わしくない。けだるさが、纏わりつく。風邪も疑ってみる。
過ごしやすい季節が来るけど、程よい季節は、なぜだか体調が悪い。変化の時期というのは、いずれにせよ、心と体のバランスが乱れる時なのだろう。ましてや、今年は大変なことも起きた。
うまく季節を乗り換えないと、一気に体にダメージ来そうで怖い。
《古い古いセミアコ》
ずっとギターケースに入れたままだった古い古いセミアコを久々にチェックしてみようと・・・・
あぁ・・・経年劣化がケースの中でも進んでいた。メッキのテールピースやエンドピンは、しっかり錆が出てる。
何とか復活させようと、目論んでいる。
ピックアップとかは生きてるのかなぁ・・・
何とか手持ちのパーツストックで、音が出るまでにしたい。
私にとっては懐かしい懐かしい一本。
メッキ部分は再メッキなんて無理だろうから、メッキ風ペイントスプレーを買ってきた。
あぁ・・・トップコートもかなり厳しいところまで来てる。上からラッカー吹けないだろうか・・・・・


€

2017年9月 1日 (金)

少しだけ、秋の気配

《今年の盆休み》
とうとう、山らしい山へは行けないまま八月が終わる。
TVでは、シーズン真っ只中って感じで、山番組が頻繁に放送される。
無性に山を歩きたくなるけど、すっと冷めていく自分が今年は居る。

父の死も大きな要因だろう。マダニのウィルスに対する怯えもある。
《服喪中》
服喪の時期と云うのは、何となく色んな事のやる気を削がれる期間のことを言うのかもしれないと、思った。
Jアラート。丈夫な建物、地下・・・・って、そんなものない。
いっそ、眠り続けて夢の中が一番安全ということに気づいた。眠ったまま死ねるのが恐怖心もなく、自分にとっては一番良いことなのかもしれないなぁ・・・・って、思ってみたり。
《最後の時間》
老医師が言った言葉が、蘇ってくる。「こんな歳になって、痛い思いをさせてかわいそうだなぁ」。
死ぬほどの痛い思い、父はどれくらいの時間耐えたのだろうか・・・・。あの歳まで頑張って、ぼけもしないで生きた訳はなんだったんだろう。
改めて安楽死、尊厳死について考える。
《日常と非日常》
人生というのは、ほぼ日常の連続なのか?相変らずの毎日が、日常?
でも、『相変らず』が、良いとされているんだろうねぇ
《今年も八月が終わる》
なんだか、春から夏へかけて、今年は、大変だった感いっぱい。
いろんな記憶も、時間の経過とともに どんどん遠いものになって、たくさんの部分が創作になっていくのも気がかり。
記憶が鮮明なうちに、いろいろメモして置こうとは思っているけど、儘ならない。
それにしても、昨夜も暑かった。秋風でも感じる頃になれば、記憶の整理も捗るのかなぁ。
《今日から、もう九月》

父が逝ってから三ヶ月が過ぎた。 €

2017年8月28日 (月)

八月も最終週・・・かぁ

盆休みも、コレといったテーマもこなせず終わった。
父親の初盆ということもあり、15日が過ぎるまでは、落ち着かなかったし なんとなく予定も入れられなかった。
桃太郎伝説の鬼ノ城へ行っただけの夏休みに終わった。
次の長期休暇には、しっかりと予定をたてよっと。

盆過ぎても暑さは過酷で、毎日のように高温注意報が出ている。
13日に実家で刺された蚊も、医者でもらった薬のおかげで、腫れも小さくなった。でも、小さいしこりのようなものができていて、押さえると痛い。
でも、ここまで来れば もう良いでしょということで、もう医者へは行かない。まったくひどい目に逢った。こんなことがあって以来、やぶ蚊のいそうな場所へ近づけなくなっている。裏山も避けているのも、そのせい。
とんだトラウマ。
ダニにかまれたりのシーズンは、これから秋にかけてらしい。山へ行くのも躊躇する。完全防備を考えてからでないと・・・。
買い物帰りに立ち寄った春日池公園。池から吹いてくる風は心地よく、しかも、公園の緑からは、微妙に季節の移ろいが感じられた。自然界では、夏は少しずつ遠ざかっている。

日曜日には、久々のピザと、スパークリングワイン。当初、ビールと思ったけど・・・・気持ちはスパークリングに動いた。トッピングは、いつもあれもコレもになって取り留めのない具沢山に陥っていたので、今回は思いっきり絞り込んで、海老、アサリ(冷凍/あまりおいしくなかった)、アンチョビ、イカ。

父が逝って三ヶ月が過ぎた。普段、逢うこともなかった。確執が強くなった後は、より逢うこともなかった。お互いに最後は苦しい時間を過ごしたということか。相変らず、陰と陽のいろんな思いが去来し続ける。

€

2017年8月22日 (火)

蚊の恐怖

13日、実家へ行った際に蚊と思しき生物に、右手首を刺され そこが腫れて痛みが続いた。
19日の土曜日、痛みが続くので医者へ行くことに。
比較的近いところの皮膚科へ。想像通りの見立てをした老医師。飲み薬と塗り薬を処方してもらって帰ってきた。
ただ、腫れた手首を触りながら老医師は「炎症はまだそうひどくはないみたいだけど、ひどくなったら切開して治療しないと・・・・」
この脅し文句は想定外だった。医者は、概して事態を大げさに言いたがるのが多い気がする。
もらった薬を飲んだら、ほんの少しだけ症状が軽くなったような気がする。
一週間の腫れと痛みが、私を医者へ行かせたのではあるけど、もうひとつ、医者へ・・・と思わせたことがあった。
いつだったか・・・広島市内の動物園でチーター二頭が、マダニ感染症で死んだというニュース。
マダニが媒介するウィルスで死んだわけだが、キャリアがマダニから蚊へ拡大していても、不思議はない・・・・そんなことを思ったら、医者へ・・・・ということになった。
加齢とともに、抵抗力だって弱まるだろうし、免疫力だって。そんなところへきて、マダニだ、アリだ、クモだ・・・って、強力な殺人鬼の登場。暮らし生命が脅かされている現状に、今後どう対応していけばいいのか。秋口の山歩きなんて、もっとも危険な行為になってしまう日も近いのかも・・・・
楽しみが、どんどん消されていく。つまらない時間が増える。
ため息が出るわ!

父親の初盆の供養も終わり、わずかな遺産の相続の手続きも終わった。実家の土地も建物も私は相続放棄した。
一区切りついた実感もわいてきた。
わずかにもらった金は、店をやっていたころの借り入れの返済で消えていく。何も残されなかったような形にはなるが、最後の後始末を父親にやってもらったような気がしている。こちらへ帰ってきてからの長い長い悪しき因縁からやっと切り離される思いで、残された人生への再スタートな気分だ。
「あの町に住むのだけはいやだ」東京へ居たころから言っていたが、父親が、「あの町じゃなきゃだめ」と・・。「酒屋なんてすぐにでもやめるつもり」の言葉なんて、これっぽっちも聞き入れられなかった。万事が万事こんな風だったから、たとえ父親が生き残れていても、確執はますます膨らんでいたのかもしれない。
もっと早くに、距離を置くべく努力をしてさえ居れば、私にとっても父親にとっても、いい時間が持てたのかもしれない。
心の区切りが、ほぼできた今、残りの人生を 心穏やかに過ごせる場所探しを、真剣に始める。どの道、私にだって そんな潤沢に時間があるわけもないことだし。




€

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

PacoWebOffice本家サイト

ninja01