無料ブログはココログ
フォト

001いいね

  • 001いいね
    ポチッとよろしく!
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月26日 (月)

寒さとともに、あちこちの痛みもやってきた

到来!!

週末は冷えると予報では言っていたけど、今日の金曜日は朝の気温24度と、もう涼しいは通り越した。いよいよ来た、苦手な季節

ストレスフル

久々の雨。気温は低いまま(私的に)。
週末は気分転換に出かけたい・・・近場へ。コロナリスクは極力避けて。
なんだか、最近ストレスにすごく弱くなった自分に気づく。些細なことにストレスをすぐ感じてしまう。これもコロナロス?鈍感力を身に着けねば・・・

政治の世界の魑魅魍魎

広島選出の国会議員の裁判での悪あがき、みっともないったらありゃしない。同県人として恥ずかしくなる!
有権者から負託を受けただけの人。その有権者がNOを突きつけた時点で政治家をやめるべき。国会には、悪あがきして生きながらえている悪党がたくさんいる。有権者を欺いて清き一票をせしめたわけだから、ある意味詐欺罪を適用すべきだと思う

火事!?

いつも行くショッピングモールの本屋で立ち読みのお昼ちょっと過ぎ
アラーム音のあと、いつもの館内放送とはちょっと違う声が・・・
「只今一階の火災報知器が異常を感知しました。次の放送を注意してお聞きください」
少しして、今度は男の声で「火事です!落ち着いて避難してください」
あちゃぁ~。アウトドア雑誌見ようとしてたばかりだったのに・・・・直ぐ傍が出入り口で、その気になればすぐに外へ出れる。が・・・その前に、密を警戒しなければ・・・・ということで、自転車置き場の自転車をピックアップして、そそくさと帰途に
ボヤ程度のものだったのだろうと思っているけど、こんなことに遭遇することも今まで無かった
なんだか祟られているのかなぁ・・・
本番はこれから・・なんてことはないだろうなぁ・・・鶴亀鶴亀

肋間神経痛?

月イチ通っている歯医者。先週の中頃行ってきた。その翌日辺り、脇腹肋骨にピキッと痛みが走るようになった。色々症状を拾い上げてみると、肋間神経痛の痛みのようだ
腕の中ほどにある郄門(げきもん)というツボを押さえると、まんまと痛みが収まる
が、温めようが、バンテリンを塗ろうが、何かの拍子にピキッ!と来る。こいつともずっと長いお付き合いが始まるのか?
暗澹たる気分
なにか痛みを恒久的に抑え込む方法はないものか?

2020年10月15日 (木)

言われるままに払ったけど・・・

気がかり

先日久々の手紙で、健康不安を抱えていることがわかった東京の旧友のことが気にかかる
かといって、何かやってあげられる立ち位置でもない
恨めしいほどに今日の空は青い

一体何だったんだろう?

この教師を怒り狂わせた生徒より、アイスは一体何だったんだろうって気持ちになっている人は多いと思う。しろくま?パピコ?ガリガリ君?ハーゲンダッツ?
気になる

いろんな名目の徴収

NTTとドコモへ解約金とやら違約金とやら事務手数料とやら、どっさり払わされた。
私的には、詐欺にあったような気分。

2020年10月13日 (火)

10月も第三週・・・今週末ころは冷えるらしい・・・

竜巻!?

なんだか、竜巻みたいな剪定の木を見つけた。冗談だろうか。それともこういう剪定をする木があるのかなぁ。台風14号南の海を北上中(福山・みどり町公園)

メルアドの変更

メールアドレス、ビミョ~に変更の連絡を、思いつく何人かに送った。
年賀廃止して三年。反応もまちまち。商売をやってた頃、ずっとお世話になっていた人からSMが入った。もう随分と会っていない人。久々に会いたい気持ちと、コロナの間はだめという気持ちと・・・・
このメールアドレスの変更が、本当の断捨離になるかもしれない。

Jazz

横浜ジャズプロムナード2020、コロナ禍でライブ配信ということで観てみた
う~ん、ちょっと期待はずれだったことは否めない。音楽はやっぱ嗜好品だと痛感
これからは、あまり食べたくないものは食べないと決めた

退屈な光景

退屈な光景
一番上が山陽新幹線
その下が山陽本線
実に退屈

2020年10月 5日 (月)

10月ですな・・・・懲役9ヶ月が過ぎた感じ。一体いつになったら娑婆へ・・・

お城は休業中

戦後復元されたお城も、どう改築するのは知らないけれど、2022年の夏まで工事に入るらしい。
駅南側を歩いて帰っていると、朝っぱらから行列。見ると、体温測定までして」店内へ入場させられている新装開店のパン屋。たかがパン屋されどパン屋なのだろうけど、大した興味も持てない。
この街で賑わっているパン屋は、往々にして菓子パンに群がる人が多い。ワインのお供に調子の高い、歯ごたえのあるバゲットとかカンパーニュとかで賑わっているわけではない。今であれば、ふわんふわんの食パンを求める人達であろうことはだいたい想像がつく。ので、立ち止まることもなく素通りした次第。ハード系のパンの評判でもたてば、そのうちに出かけてみることとす。

ゴロゴロ・・・

九月最終日は、雷の音で始まった。雨も強く降っている

17年前の今日、夢と希望を持って始めた『ワインとチーズの店』を閉じた。いい加減な口約束を真に受けて、スタートから思いも寄らない大苦戦を強いられた店だった。七年目の辞め時だった。
ワインとチーズ、食に関してはたくさん勉強させてもらった。そして、人の話を真に受けすぎるのは事故の元と思い知ることもできた。が、最終的には自分で選んだ道だった。自分自身の脇の甘さも猛省した。

相変わらずのポンコツぶりに、ため息しか出ない

ネット回線を変えたから、各種連絡メールのアドレスを変更しようと朝からバタバタ。
どこも、すんなりと(アドレスごとき)変更できて順調に・・・・ところが、ゆうちょダイレクトで、ワンタイムパスを送るからアドレスを選べって、使えなくなったアドレスだけが出てくる。
なんともポンコツなシステム。何度手変え品変えやっても、嫌がらせのように古いアドレスだけの選択肢。
試しにどうなるか実行してみたら、当然のごとくメールは届かない。だって、もう無いアドレスなんだもの。
コールセンターへ電話したら「お客様の状況でしたら書面での申請しかできない」と。
申請書をDLしてPOして切って貼って送れだと!他の銀行へ移す準備に取り掛かることに。お馬鹿さんに付き合ってるほど暇も無いので。 ゆうちょの相変わらずのポンコツぶりに恐れ入った次第。
他のネットバンクや光熱費関係は、いとも簡単に進めたのに。
まん丸のお月さまでも見て気分転換します

姑息なこそ泥に注意

首都圏で、電気、ガス会社を騙ったこそ泥もしくは強盗が横行しているとか。この手の犯罪は、ネットワークを組んでいなくとも、あっという間に全国へ広がる。
先日実家の街でガス会社だかを名乗る不審電話が多くの家庭にかけられていたとか。
こんなご時世、訪問者はたとえ本物であっても疑ってかかることが良さそう。
先日来た電気保安協会の人コロナ禍を認識している人みたいで「あぁ~、入らなくて結構です。外でわかりますから」って・・・。外でわかるんなら、最初から外で検査してくれればいいのにと・・・思ってみたり。世の中には過去の儀礼慣習に囚われて、無駄なことしてるケースが多々あると思う。そういったものを払拭するいいチャンス、今のコロナ禍は。

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »