« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月28日 (金)

下顎の六番

 紫陽花 



中央図書館のあじさいが、思いの外きれいに咲いていた
大雨の中、足元を濡らしてでかけた春日池公園(こちらは、菖蒲だったんだけれど、紫陽花も植わってた)じゃなくても良かったかと・・・・
2日続いた雨は上がって、夏空が広がった福山
梅雨入りはまだらしい
水の心配が始まるのかなぁ

 父の友人 


山の素晴らしさを教えてくれた、父の友人の眠る墓苑がわかった
今月末のその人の命日を前に、奥さんにはがきを出した
でも、私の住む街からはちょっと距離があるので
すぐには出かけられない
気持ちが高まる日を待つことに
その前に、そのおじさんに連れて行ってもらった
吾妻山行が先だなぁ。北は雨降りが多いだろうけど・・・・

 下顎の六番 


また歯医者へ行くことに
今度はまた別の歯の問題ではあるのだけれど
使い物になっていなかった
右、下顎の六番を抜くことにした(された)
以前、ここの歯医者で、ダメージを受けている歯の話を聞いた
永久歯で、一番最初に生えるのが下顎の六番という、奥歯の一個前の歯だとか
必然的に一番古い歯になるので
傷むのもこの歯からが多いらしい
最初に生える時期が、4~8歳頃というから
六十年くらい口の中にあった歯ということだ
生え変わった下顎の六番の歯を、母親は見ただろうか・・・とか考えると
愛おしく、抜くのもちょっと躊躇する気持ちもあったけど
ダメージも大きいらしいので、抜くことに
ちょっと梃子摺るくらいの歯だった
だったらあっても良かったんじゃねぇ?とは思ったけど、医者が私に話しかけてきたときには
シャーレの上に、ばらばらになった下顎の六番だった
「記念にください」とも言えず、化膿止めと鎮痛剤をもらって帰ってきた
歯の中でも、大先輩の歯の片割れは、私の口の中から去った
そのかわりに、口の中の右下の痛みだけが残った
あぁ、今日はもうなんにもする気になりそうにない

2019年6月13日 (木)

実山椒を求めて・・・

 春日池公園の菖蒲 



買い物のついでに立ち寄ってみました
たくさんの来園者
多くのお年寄りが、立派なカメラを手に手に
裕福な老人が多いんだなぁと、改めて感心しきり

夜、ベッドの中で『身軽になって引っ越さねば』って考え始めたら、目が冴えきって眠れなくなった
断捨離、本気で始めねば・・・・(今まで何度も同じこと考えたけど、今度こそ実行に移さなきゃ・・と)

 何故か神経ピリピリなのかなぁ 


眠れない辛さより、二度寝で起きたあとのダメージのほうが大きいと、改めて思う朝
梅雨入りは、『まだ』の中国地方

 実山椒 

時期すでに遅し・・・とはわかっていても
無性に、実山椒が欲しくて
市場のある辺りを探してみた
と、あるスーパーで、店員さんが係長さんまで呼んでくれて
内心『どこからか探してきてくれて、それが鬼のように高いものだったら・・・どぉしよぉ・・・』の心配をしながら係長を待った
すごくいい人で、実山椒のことをはなしてくれた
結論は、実山椒を食わない地域性。超がっかりと同時に、移住を心に誓った。あんな香り高く、芳しい実山椒を食わない地域だなんて・・・
以前、市場が放出した実山椒を店に並べたけど、誰も見向きもしなかったって・・・・
そんな事があったあとは、市場ですら実山椒の扱いをしなくなったって・・・
私の心の中にずっと住み続ける『この街に住み続けたくない』気持ちは、まさに、食文化に顕著に現れているということか
ワインとチーズの店なんてやったって、あっという間に興味を失せられたのも頷けるってぇもんだ
せめて、実山椒を食う食文化のあるところへ移住したい気持ち満タンにして、店をあとにした
でも、理路整然と説明してくださった、スーパーの係長には感謝。

 どぉせ・・ 

実山椒なんて食わない、つまらない街・・・
それでも、一縷の望みにかけて、街の南から西にかけて捜索することに
と、なんと・・・駅前のデパートの地下の食料品売場に!

即買い
残り三件の、スーパーも一応チェック
結果は、駅前のDPの地下で売ってただけということに
帰って、小さい枝も掃除して冷蔵庫へ
なんだか、がっかりの後だけに、すごく満足

2019年6月 9日 (日)

6月に入って・・・なんだかちょっと気忙しい

 体調不良 

気候の変化についていけないのか
少し前に、まずは女房が体調不良を訴え
その少しあとに、同様の不調が私を襲った
脱力感、喉の痛み、
日に日に復調しつつあるけど
なんだか、些細なことに対しても弱くなってきたね
状況の推移を考えると
新手の風邪のような気がしないでもないのだけれど・・・・

 お悔やみ 

妹の嫁ぎ先のお義母さんがなくなったので
また、実家の街へ行かねばならなくなり
突発的事象に、アレコレ算段。う~ん、ストレス!

 道の駅 世羅 

うちから、50kmくらい離れた道の駅へ
シェーブルチーズを買いに行ってきた
本当は、山椒の実を探しに行ったけど
無かった
初めて食べる農園のシェーブル
近くでワインも一本調達してきた(ロワールのソーヴィニヨン・ブランあたりが欲しかったけど、無さそうだったので南アフリカのシュナン・ブランとソーヴィニヨン・ブランで作られたコスパに長けた白を調達)
初めて行った道の駅は、結構な混雑ぶりで 世は『道の駅ブーム』とみた。
売ってるものの価格は、意外と高め。黙ってても、来店客があるということなのだろうから、稼げるときに稼いどこ・・・ってな感じなのかもしれない。この道の駅では、地場特産であろうアスパラガスとレタス、山羊チーズとカンパーニュっぽいパン、お昼用に巻きずしと、鯖寿司を購入。ついで、ソフトクリームにまで手を出してしまった。









世羅産のヤギは、かなりヤギが香るチーズ。多分、シェーブルビギナーには厳しいかもしれない。私が、初めて個性の強いシェーブルを食べた時を思い出した。
世羅でこの手のヤギを作って・・・売れるのかなぁ・・・ちょっと心配。でも、山羊チーズの特徴でもある酸味が、逆にちょっと弱い気もした。

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »