« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月28日 (水)

印刷終了

 空き部屋 

空き部屋の多い感が強かった、うちのマンション
一階に新たな人が越してきた
私が来たときは、殆どの部屋が埋まってたけど
今は、ガラガラ
時の経過を感じさせられる

住んでる者にとっては、空き部屋が多いほうが
気が楽でよかったんだけど・・・ね
うちも、引っ越し作戦を進めねば・・・越してきた人たちの荷を目の当たりにして
更に強くそう思った次第


 終活年賀状 

クリスマスカードバージョンと、寒中見舞いバージョン、できた
デザインしただけで、肩が軽くなった気がする
母がなくなったときと、父がなくなった時の二回以外は、ずっと続けてきた習慣
これからは、思った人へ、思ったときに、本当に心をこめた手紙ができると思うと
満足感でいっぱい
終活年賀状のクリスマスカードバージョン作ってて、ふと・・・・・年賀状の作業が前倒しになっただけ感強し!
ま、今年で最後。来年からは、ストレスフリーな年末を過ごせると思えば・・・・


 寒いです 

勤労感謝の日の今日は、相方は仕事
寒いのです
冷蔵庫入れ替え作戦以来、なんだか体調が元通りにならない
困ったものです


 印刷終了 


終活年賀状も完成。切っても貼った。あとは12月になって出すばかり。
年末のストレスから開放される!
デザインは、もちろん出来合え
新しいフォントをインストしようとしていたら、フォント用のフラッシュメモリが壊れた
今までストックしていたフォントが一瞬にして消えて無くなった
いつ頃のバックアップが有るか・・・・DVDを探す作業が増えた
頭痛い
この手のクラッシュは、同じUSBで二度目
もう二度と買わない
怖くなったので、今使ってるフォントを、DVDにバックアップとった

2018年11月19日 (月)

ナンキンハゼが・・・

 なぁんだか・・・・ 

ひどい風邪をひいてしまった
咳は出ないけど、喉(鼻の奥の)の痛み、体の痛み、熱etc・・・・
治りかけたかと思えば、またぶり返す
初冬から、ひどい風邪に襲われている
冷蔵庫の入れ替えで、普段使わないパワーを出し切って
未だに片付けきらない部屋に、ちょっとイライラしながら
ハンドメも休止して久しい
木々の色づきを楽しみきらないまま
冬を迎えてしまいそうな気もする
ここ1~2年、風邪がしつこく残る。


 年賀状 

去年の父の死後以来
ずっと虚脱感を背負い込んでしまっている
前々から思っていた、賀状だけのやりとりも、時間とインクの無駄遣いのような気もして
この虚脱感を理由に、年賀状廃止へ持ち込もうとしている(プライベートのものに関して)
たぶん、相方も賛成するだろうと思う。
この年になると、ただ年賀状のやり取りだけで
会うでなく、そのまま、亡くなって、自然廃止になった人たちもたくさんいる
手間ひまかけて、バカ高いインクを使って印刷した年賀状も
正月三が日、誰かを楽しませるわけでもなく、一瞥されるだけで始末される運命に有るケースがほとんどと思っている
これだけで、柵さえなければ十分廃止に値する行事だと思う
よし、今年こそ本気で廃止しよっと
本気で連絡を取り合いたいひととは、正月に限らず手紙なり、メールなり、電話で連絡を取ればいい。
決めた
年賀状廃止のカードを、クリスマス頃に送ることにする


 年賀状廃止(続) 

なにか適当な文例めいたものはないかなぁ ・・・
と、ぐぐってみたら、出てくる出てくる
なぁんだ、みんなやめたがってるんじゃん・・・ってな気持ちになった


近所のナンキンハゼの実が今年も弾けて
沢山の鳥の鳴き声が賑やかに聞こえる
趣旨には毒があるらしいけど
鳥たちはうまく食すらしい
寒い冬を乗り切る栄養源
『年賀状廃止作戦』は、三段階式で行うことにした
一つは、クリスマスに向けて、グリーティングカードでその旨を伝える
もう一つは、来年の寒中お見舞いで伝える
そして、最悪の三番目は・・・・なんの連絡もしないで自然消滅
やってしまえば、『もっと早くやればよかった』と思うようなことなんだろうけど・・・
過去の慣習を断ち切るのは、何かと難しい

2018年11月 5日 (月)

秋も進む

 断捨離 

ここのところの数日間
部屋の片付け、冷蔵庫のことで引っ掻き回されている
改めて断捨離を意識せざるを得ない

なんとか冷蔵庫を入れ替える作業は終了。
最近では考えられないほどの、労力を使った。右親指の関節痛は再発。腰痛までもが・・・・
体がなまってしまっていることを痛感
平常運転に戻れるのは、も少し先になりそ


 文化の日 


文化の日は、キッチンの整理は休んで、毎年出かけている 駅北の文化ゾーンへ
以前店をやっていた近く
お城があったり、文学館や美術館、歴史博物館等がある
緑が多いので、普段の休日にも時々行く場所
文化の日は、美術館前の広場でイベントが行われ
美術館や文学館の入場が無料になる
美術館では、岸田劉生を見ることができた
文学館では、福原麟太郎
美術館前広場に広がっていた出店の一つで
穴子のフライを挟んだパンを買ってお昼にした
寒くなり始めて、風邪っぽくてコンディション今一つだったけれど
お天気もよくって、自然を満喫できる一日でした
街の紅葉は始まったばかりの様子
今頃山は・・・こんな思いが頭をよぎり
来週には山へ行こうか・・・そんな事を考えました


« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

PacoWebOffice本家サイト

ninja01