« 気温だけは上がってくる | トップページ | 新緑の季節 »

2018年4月29日 (日)

冬はすっかり遠ざかった

 墓じまい 

来週は、墓じまいに実家の町へ帰る。
去年なくなった親父とは、隣との境界のことと、この墓のことで大喧嘩をした
確執は、このことでますます大きくなった
生前、オヤジは「墓じまいは俺が死んでからにしてくれ」と
まるで、生きてる間に墓をいじると、何か災いでもあるのか?と、思わせるようなことを言っていた
結局、去年親父が亡くなり、オヤジの希望通りに墓じまいを実行に移すことと相成った
墓じまいには行くのはよそうとも思ったが
子供のころから参りなれていた墓の最後を
せめて見届けようと思い、痛い腰を持ち上げることとした
そう、ここ数日ことのほか腰が痛い

浄土真宗の我が家なのに
ずっと真言宗の寺の墓所にあった数奇の墓石群
とっくに冥界を分けた親類のばあさんが
実しやかな、そのわけを話してくれたこともあったが
真偽のほどはわからないまま
その日が迫ってくると、ちょっと感慨深い


 雨 

GW前、雨が続く
明日にはあがって欲しいけど・・・無理かな
去年の今頃は、電車で姫路に行ってみようって話してた
結局、オヤジが倒れたので話はボツ
じゃぁ、今年・・・って気分にはならないので
姫路行きは、もっと先延ばし


 墓じまい 

に、実家の町へ
行き帰り、尾道を素通り
新しい駅舎が作られている
その向こう、尾道水道(海)の向こうに
新緑に覆われ始めた向島
いまや、つまらないことで全国区になってしまった
とても残念

腰の痛み、左足かかとの痛みが強烈
予定時刻に、無事墓じまいの儀式は終了
しばし、子供のころからのお墓の思い出や
去年、父親が参ったときにも藤は咲いてたろうかとか・・
程なくして踵を返す
足の痛みは半端ない
これが、墓じまいのリバウンド?って思うくらいの痛みに耐えつつ
帰宅
明日は一日休ませないと・・・左足
GWの山行は断念決定


そう・・・一番古い墓には、天保三年って彫られてた
天保三年をネットで調べてみたら
鼠小僧次郎吉が処刑・・・とあった
うちの墓とは関係はないと思うけど・・
それにしても、左かかと、左腰のダメージが大きい。かかとサポーター成るものをオーダーした


 FBを 

2011年1月からはじめたFaceBookのアカウントを落とすことにした。
父の死、友人の死、親類の死・・・時間とともに
痛みは消えてくると思っていたけど
消えるどころか複雑に絡まってきている
なんだか、FBへの投稿も
去年のこと以外のものをと意識すればするほど
ギクシャクなってきて
気持ちも乗り切らないから
気分を変えるには、丁度いいことなのかも・・・と思っている

ところで、この年になるまで”さつき”と”つつじ”を逆に覚えてたみたい・・・これはこれで、ショックな出来事

« 気温だけは上がってくる | トップページ | 新緑の季節 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1342013/73393496

この記事へのトラックバック一覧です: 冬はすっかり遠ざかった:

« 気温だけは上がってくる | トップページ | 新緑の季節 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

PacoWebOffice本家サイト

ninja01