« 2018年3月 | トップページ

2018年4月

2018年4月19日 (木)

気温だけは上がってくる


 あ~ぁ、とうとう 

脱走犯探し、明日には捜査員1000人なんていってるし~
面子つぶされたんだね県警も
島民の、ほぼ一割の捜査員って・・・・
数の問題じゃないのかもしれないなぁ・・・
何時捕まるんだろ
しかし、うまく逃げまくるもんだねぇ・・


しまなみ海道で開催予定だった自転車ツーリングイベントも、本日六時までに犯人確保ならずで、中止が決定。
サイクリストまでも、敵に回した脱走犯
もういい加減に堪忍すればいいのに


 おもちゃは、もう買いません・・・のはずが 

もう、楽器関係のおもちゃは買うのやめようと ずっと思っていたけど 雑多にあるエフェクターが、煩わしくなった
いらない要素(歪み系とか)も多いけど、リバーブやイコライザーをコンパクトにまとめられる魅力に負けて・・・・
バラバラのヴィンテージエフェクターを始末する算段始める

 見つからない 

脱走して九日たつけど、いまだ所在不明。
みんなちょっと飽きて、ダレてきてるような・・・
捜査員も、少し数を減らしてる様子
受刑者を油断させて、注意力を散漫にさせて捕まえる作戦なのか・・・
GW、尾道へ行こうかって気にならない

2018年4月12日 (木)

脱走犯、いまだ潜伏中

 すっかり葉桜 

すっかり葉桜になってきました
しかも、お天気下り坂
花散らしの雨になるのでしょうね

 地震、脱走犯 

深夜、地震で目が覚め、そのあと、うつらうつらしかできないまま朝を迎え
TVをつけると、脱走犯が尾道へ!?
なんで、こうも、心落ち着かないことが立て続けに起きるかね!?


地震、脱走犯と、悪い意味での非日常に包まれている。
当然、気持ち的にも陽ではなく、体調も思わしくない。地震の前日あたりから、低気圧の接近でもないのに、腰が疼くようになってきた
おそらく、気温の低さが影響しているとは思われるが・・・・
暖かい気候になったら、尾道出陣を考えていただけに
完全に出鼻をくじかれた感じ
向島は亡き母のふるさと
静かな島
とんだ騒ぎに巻き込まれて、島民は大変な思いをしてる
果たす目的もない、単純な逃亡なら もう出頭して騒ぎを終わらせてほしいね
時節柄、いかがなものか このTシャツ

今日木曜日から、900人体制(今までは350人)で、小さな島を探すらしい。
もうギブ時だとは思うけど


 暑いくらいの陽気 

暑かったり寒かったりのこの陽気に、完全に体がついていけてない感。
週末は、また雨予報で、ちょっとうんざり
TVから流れる寺尾 聰のsave the last dance to meが、いいなぁ・・・な年頃になった気になっている

が・・これは、ボンジョヴィ版

2018年4月 3日 (火)

桜ももう終わる



 予てから・・ 


大島桜らしい桜の存在は認識していた
団地の中に
桜に近づいて見上げて写真を撮った
何枚か撮って
目線をふと元に戻すと
小さな女の子が
一緒になって見上げている
「あったかいね」
「きれいだね」
ありきたりの会話
女の子も暇をもてあましていたのか
お花見に行ったことや、
ほかにもきれいな花が咲いているところのことや
話してくれた
ご時勢がご時勢だけに
見ず知らずのおじいと
見ず知らずの女の子が
仲良くお話しているのも
結構まずい絵柄になっているような気がして
それでも、女の子の持っていたものと、本人をカメラに収めた
こんな写真もまずいとは、後で思った
女の子だって、うちに帰って知らないおじいに
写真とってもらった
なんて言おうものなら
家族だって心配するだろう
先を急ぐことに
女の子もついてくる
まずい
三叉路で、「おうち帰んなきゃいけないね」
って、言うと
「私はこっち」と左を指差す
ホッ!私は右
「じゃね」って離れ離れに
写真を渡す約束もしないまま
余計なことにも巻き込まれたくないので
しばらくはその桜のあたりを
歩かないことにする
神経質にならざるを得ない、世知辛い世の中だ(女の子の写真は、NIKONのパスワード付サイトにアップして、親御さんにお会いできることでもあればサイトとパスを知らせるメモを渡せるようにした)


 気候のせい 

とは思いつつも、ココのところの体調の不調
ベッドに入って、あれこれ余計なこと考えてたら
目が冴えて起きてしまった
なんやかやあった2017年の影響だなぁ・・と考えつつも明日からもう四月
気持ち一新頑張らなきゃ


 クラッシュパソコン 

エイプリルフールの朝、普段使いのノートがクラッシュ。ディスプレーは、あのおぞましきブルーバックの英語
システム回復メニュを何度も試みるもだめ
別のパソコンで、調べながら回復を試みる
最後は、とにかく時間をかけて・・・
最悪データーサルベージしてクリーンインストール覚悟
2日の早朝、回復途中に強制終了
通常立ち上げを試みると・・・
かろうじて立ち上がった
「システム回復は完全には終了していません」のアナウンス付で
データ-避難を始めなきゃ


 信号にて 

帰りにK’sデンキに寄って、徒歩で信号待ち。
私が信号に到着する前に、自転車のハンドルにもたれかかるようになってる
おっさんだか、兄ちゃんだかわからないのが、信号待ち
ふと、信号の無効を見ると、いつの間にか警察官が立ってる
信号青に
警察官は、自転車にもたれかかって乗ってた男を呼び止めた
「これはあなたの自転車ですか」「鍵は前後ろついてますね。ありがとうございます」「防犯登録・・・」
そのあたりまでの会話は聞き取れた
ゴミ捨て場にあったっておかしくないような自転車
防犯登録なんてしてあるはずもない
それより、鍵がついてて、何で警察官がお礼を言うのかが、わからず・・・妙におかしかった
私がずいぶん先を歩いているころ
職質の男が、のたり、くたり走ってきた
犯罪者ではなかったようだ(一寸がっかり)
信号の先にパトカーを待たせていた警察官
それに乗り込んで去っていった
ということは、パトから、怪しいやつにめぼしをつけたということなんだぁ
一瞬のドラマになりそうだったけど・・・なりえなかった。期待に反した信号待ちだった

« 2018年3月 | トップページ

最近のトラックバック

ウェブページ

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

PacoWebOffice本家サイト

ninja01