« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

ほぼほぼ復活?

腰の異常を感知し、整形へ行った日から4日が経過した。完治とまではいかないまでも、初日に比べるとよくなった
でも、痛みも残っているし 椅子に長く座ると痛みが出てくる。
因って、まだ完治ではない。
いつになったら、元のようになるのか?
それとも、多少の痛みは一生の置き土産なのか?
いやはや、情けない

腰に一撃を食って・・・とはいえ、目に見える打撃があったわけではないのだが・・・・6日経った。ちまちまとしか回復しない焦りとジレンマ。
いつまでも、冷凍マグロ状態を続けるわけにもいかず、ほぼ日常を取り戻すことに。

六日間酒を断った。
医者から出されている、消炎剤を飲んでいるのと、血行に影響を及ぼして 余計な痛みが出てくれても困るので。
かといって禁断症状で悩まされることもない。
よかった、アル中にはなってはいないみたいだ。
この週末、久々にワインを飲んでみようと目論んでいる。さらに調子が元通りになっていればの話だけれど。


うっ!まさかの・・・風邪!
二重苦・・・・・
快気祝いは、ほぼ完治でやるものなんだろうけど
○五日間アルコール断ちをしたので、土曜日の今日 pre快気祝いをやることに決定!
と、勝手に決めた私
予定通り9時ころにガス漏れ警報器の交換に、ガス屋さんが来て
帰った後、キッチンのものを元通りにして
ワインとパンを買いに出かける
もちろん、復帰をしたお祝いだから、車や自転車では出かけず
徒歩
少々腰への疲労感はあったものの、
途中、へたりこむこともなく
買い物を済ませて帰宅
風は、ちょっと冷たく感じられ
ひいたかなと思った風邪も、そのまま居座っている感じで
これ以上こじらせまいと、思っている次第
今晩の久々のワインと、フランスパンが、やたらと楽しみ

2016年10月27日 (木)

整形 待合にて

整形の待合にて。
自動ドアが開いて、えらいファンキーなジャンパーを着たじっちゃんが登場。
受付で、
「足が痛い。たぶん歩きすぎが原因だろう」と、大声で いつもの調子っぽく説明を始めた。
痛みの原因はわかっているんだから、その痛みを減少する治療だけを望むという意思表示なんだろう。余計な治療検査で、余計なお金と時間を使いたくないと思うのは、爺さんも、ちょっと爺さんの私も同じ思いだ。
じいさんにとっての「ジェネリックでお願いします」的訴えなのだろう。

私はてっきり、常連さんかと思いきや、私と同じ初診らしい。
この手のじいさんばあさんは、初めて出会う人でも 往々にして知り合いのようなふるまいをする。
看護師さんが、適当に話を相槌聞きしながら 初診時に必要なことの説明を始める。子供が親に何やら一生懸命訴えることを、「はい、はい」でスルーしている親に似ていると思った。

初診時、必ず書かされる問診票
じっちゃん、待合のベンチに座り込んで書き始める。やっとおとなしくなった。
しばらくすると、受付へ出しに行った
看護師さんが
「今飲まれているお薬とかありますか?」
じっちゃん「いやぁ、こないだまでのんどった薬はあるけど、いまはない」
さらに、何やらじっちゃんの説明が続く
看護師「今は飲んでおられる薬はないんですね」念を押した。
じ「いやぁ、時々血圧の薬を飲んどる」
看「それは、どこかの病院で出してもらったお薬ですか?」
じ「いいや」
看「どういったお薬ですか」
じ「いやぁ、女房がもらってくるのを時々もらっとる」
看「・・・・・・・」
のど飴じゃぁないんだから、じっちゃん、そりゃぁいかんやろぉ~・・・・私は、こけそうになるのをやっとの思いで我慢した
毎日こんな人を相手にしてるんだろうなぁ・・・・と。
私も、少しわけのわからないことを言い始めても、優しく対応してくれるんだろうなぁ。安心する。

TVでは、まるでカープの黒田投手が死んだのかと思うような、ファンの涙ぐんだ絵ばかりが映る。昨今のTV局の配慮の無さだろう。


2016年10月25日 (火)

魔女の一撃再び

府中アルプスを歩いたあとの、体調不良。
ウェアと防虫対策 これらの不備が招いた結果。猛省!

北海道は初雪って・・・・
まさに、北国って言葉を実感。
随分と遠いところのような気がするもの。
こちらはというと、体の中にたまった熱がうまく吐き出せない感じで、季節の変わり目に戸惑っている始末。

久々に揺れたぁ。揺れ慣れていないから、いつも新鮮に驚く。
本気で非常持ち出し袋を作っておこうと思う。
心配した余震も、今のところなく 現地でも大きな余震は発生していない様子。
溜まっていなければいいけど・・・・ちょっと心配。
昨夕からひどい腰痛。
まさに魔女の一撃を食らった痛さ。
朝、整形外科へ
レントゲンとって、電気とマッサージを受けて、薬とシップもらって帰って来た。
レントゲンの写真を見ながらドクターは「特にヘルニアもないし骨の出っ張りが多少ありますけど、年相応の状態です」と。
そっか・・・・年相応か・・・
座りっぱなしが多い日々、ちっとも体にとっていい状態ではなかったことを再実感。
数日後、『あの痛みは、何だったんだろう』って思える日を期待しつつ、数日は養生に専念することに

2016年10月18日 (火)

風邪?それとも・・・・



フリーペーパーで『府中アルプスを歩きませんか』という見出しに食いついた我が家。

ただ、山行ブログみたいなのは、写っている写真もありきたりで、その山を行ったことがあるか、これから行こうと思っている人以外には退屈なものが多いことも承知である。
なので、一応地図と高い場所からの遠景、草むらに放置された二つ目のトラクターの写真のみの掲載とします
登り始めの神社で、上から降りてきた女の人に
「これからどのルートで登られます?」って聞かれ
「いえ、今日が初めてなんで・・・」
「最短の真ん中のもみじ谷のルートは、スズメバチが巣をしていて、何人か刺されてます。迂回ルートで登られるほうがいいですよ」って。
初っ端から救われた感。
途中、トラロープが張られたところもあったりで、山歩きを楽しめた。
食事をした竜王山展望台で、風に吹かれるままでいたせいか 私一人風邪を引いた感じで、日、月と大不調。長い下りで久々に腰の痛みを感じ続けたので、どこか不具合があるな…とは思ったけど。
ルートの最後辺り、野良仕事中のおじさんに駐車場までの道を尋ねると、
「この道は、この先がけ崩れで通れんよ」と
スズメバチと、がけ崩れ この日二回目の危険回避。
ラッキーと思いきや、まんまと風邪ひきかぁ・・・・。

府中アルプスで、体調を崩した後遺症が、二日過ぎた今日も続く。
もう簡単にはリセットできない体になっているのか?
二日前に比べればかなり復活しているけど・・・。

2016年10月17日 (月)

ハロウィン?


ハロウィンだからという訳じゃないけど、針金をくねくね、ぐにょぐにょ曲げたり捻ったりで、蜘蛛。
なんとなくのフォルムだけで、気持ちの悪さは十分っぽい。


それにしても、噛むわけでもない(私の知っている蜘蛛に限っての話)、匂う訳でもないのに、なんで蜘蛛って、気持ちの悪い生き物と認識してしまうんだろう。人間にとって、あまり好ましくない蛾とかを捕食してくれるにもかかわらずだ。ちょっとかわいそうな気がするね。


2016年10月12日 (水)

久々の尾道


久々の尾道。寒くなる前に夜景も撮っておこうと、日没まで居座った。
この日は日中から風も強くって、空気が澄んでた。
さすがに、日が暮れると肌寒さを感じられた。ウィンドブレーカーをもっていって大正解。


お昼は福山で済ませてしまったので、おやつに いつものU2のパン屋さんへ。パンもほとんど売り切れていて・・・。それでも、全粒粉パン、バゲット、そして、ワインのハーフを買って、建物の外へ出て海を見ながら食す。昼間は、寒さも感じないほど 心地の良い日。


夜は、北の寒気が下りてくるとの予報、『かかってきなさい』の気持ちで日暮れを待つ。

西の山の端は、まだほんのりと赤く染まっている。陽が落ちて間もない時間帯。

県東部の尾道では、『まさか』の優勝祝賀セールが、地味に繰り広げられていた感。

2016年10月 9日 (日)

連休、お天気よくない

先日来、相方が体の不調を訴えている。
今日は私の番らしい。
どうやら、寒暖差にやられた風邪っぽい。
台風が日本海を通過していた昨日は、風邪と気圧のせいなのか、説明のつかない不調さだった。
明けて、今日はまた暑くなりそうなお天気。季節の変わり目の危険性を改めて実感。


カーテン越しの外の植え込みの影が秋らしくなった朝。


近所の産直市の店で、面白がって買ったキュウリの小さい奴
「どうやって食べればいいですか」の質問にレジの人「ピクルスとかにするといいですよぉ」
って、酢漬けにしたけど・・・・・皮が結構硬くて、食感が悪いぃ~。もう買わない

2016年10月 5日 (水)

おじさんとばあちゃんの命日月

十月は、親類のおじさんとばあちゃんの命日月。お世話になったお礼の気持ちで、毎年ささやかなお口汚しを送っている。
昨日駅でお菓子を購入。
その足で、同じ駅にある郵便局でレターパックを買おうと・・・・
残念なことに、ぎりぎりで入らない
土産物屋を恨むべきか、郵便局を恨むべきか・・・
持ち帰って、宅急便で送ることに
些細な計画がうまくいかなかったときに感じる、苛立ち
今度はレターパックを先に買ってお菓子を買いに行くことに・・
って、これって、相方が提案してたことじゃん!
素直に聞いておけばよかった・・・

お供えと一緒に東京へ。

台風接近中。とはいえ、日本海を通る見通し。午前中は気配すらなし。
週末できれば山へ・・・って思ったけど、お天気あまりよくないらしい。先送りにして、尾道でも散策してこようかなぁ・・・と。

2016年10月 3日 (月)

十月

今日も朝から雨。8時5分に出かけていたけど、ここのところ道がメチャ混むことを受けて、8時には出ることに。
この、たった5分の差が かなり感激的な空き具合を実感することができて、満足。

ずっと、ガラスの撥水剤を使わず、雨のたび あ~~~~~~、晴れた日に塗っとけばよかったの繰り返しだった。先日買った、ガラコのスプレーを、今朝は試した。
大粒の雨粒がつかなくて、視界はばっちり。もっと早く買っておけばよかった・・・・。こんなことが、加齢とともにけっこう多くなってきた感。
ちょっと引き締めないと・・・・・な。

油断も隙もあったもんじゃぁない!
昨日まで降り続いた雨が、ちょっと上がった感な今朝
どんより曇り空ではあるけど
妙に寒い
この週末も雨降りのお天気らしい
雨さえ降っていなければ、電車で尾道へ行って
冬用の焼酎用のカップを探そうかと・・・
そんなことを目論んでいたけど
計画はとん挫させられそう
無情にも、雨予報
ま、ずっと置いてけぼりの埃かぶりになってた
Jazz練に勤しみますか
もうそろそろ音を仮完成させないと
雪崩れこみの糸口にすらたどり着けない
あまり意味の分からない言葉だけど、なんとなくそんな気がしている
手仕事市出品作戦も、作品作りが今一つ、波に乗らないでいるし
そぅ、完成形に揺らぎがある
あれがいいか、これがいいか状態なのだ
そして、もう一つの問題
これから寒い季節に向かうのに
麦わら帽子イメージのままでは寒すぎる
そんな思いが頭をよぎりまくっている
さりとて、今更ミニ手袋とマフラーを新たに開発する気力はゼロ
編み物までには手は出せない
そんなこんなで、今日で九月も終わる

近所の、農試改め、農研の一般開放デー。今年もお土産狙いと、産直品を買うため行ってきた。
朝一で、相方の検査結果を聞くために病院へ。10時ころ迎えに行って、その足で出かけた。雨の降る中。
お土産は去年までの、おいしいサツマイモではなく、麦茶かもち麦なるもの。
わけわかんないけど、健康的そうだったので麦をもらってきた。
産直売り場も、農産物今年は不作なのか、品数が少ない。あっと言う間に帰って来た。

曇り予報の日曜日
青空が広がったから、駅まで買い物
途中、白い彼岸花
あまり見かけたことがなかった

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

PacoWebOffice本家サイト

ninja01