« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月23日 (木)

針金遊びは進行します



前プリンターの余剰インクを再利用するのはいいんだけど、CMYKのKの使い道が・・・・。黒の花や葉っぱもありかなぁとも思うけど・・・・。その前に、Mr.コルクにもうちょっと表情を・・・ってんで、サングラスを。ついでに、眼鏡も。これには、ダイソーの危険かもしれないトップコートを。
なんだか、どんどん深みにはまっていく感の針金遊び。どの辺まで行ったら飽きちゃうんだろ?
もう、そろそろ豆本も作らなきゃって思い始めてる。
久々に、午前二時半に目が覚めた。夜明けには程遠い闇。仕方ないから起きる。
大雨洪水の警報。エリアメールまで入って、眠れない夜を過ごすことになるか・・・・と・・・・、翌朝目覚めると何事もなかったかのような朝。
ここへ住んで随分と時間が経ったが、たいていの荒天は夜中のうちに通過。昨日と同じように、『眠れぬ夜』が頭をいつも過るも、ぐっすり眠って翌朝の目覚め・・・・・このパターンばかり。土砂崩れでもあったら、そのまま昇天だな・・・と思うのも、いつものこと。

麻ひもで帽子も作ってみた。

ちょっと、ぐちゃだけどトンボも。

2016年6月16日 (木)

腕つけてみよぉか



透明感のある着色料・・・・探すと発見。2年前くらいに壊れたキャノンのプリンター用に買ってあった、詰め替えインク。これで、100均の発がん性マニキュアを買わずに済む。しかも、使うのはほんの少しだから、死ぬまで買わなくてもよさそう。探してみるもんだ。昨日までは、ロトリングのインクを使うつもりだったけど、赤とか黄色が見つからなかった。もう探すこともない。
ついでに二本の腕をつけてみた。この先暇だったら、二本の足も検討。
人間の顔というパーツは、個性もあり 表現力にも長けている。逆に、手足というパーツは、顔ほどの個性はない。にもかかわらず、いろんな表現力には長けているパーツだと思う。静か動かより、無機か有機かを感じさせてくれるパーツだと感じる。

2016年6月13日 (月)

針金で遊ぶ




町はずれの公園へ、花菖蒲を観察に行ってきた。雨がぽつりぽつり降る中、いろんな角度から観察。端折れるところは端折って、デフォルメして針金で作ってみた。
当初、ダイソー当たりの、透明感のあるマニキュアで 針金と針金の間に幕張りを考えた。ところが、希望する透明感のあるマニキュアが、100均は全滅!マニキュア志向に変化!?
ところが、今日、その疑問はクリアになった。
ググっていると・・・・・100色マニキュアがダイソーに! そのすぐ後に、ダイソーのマニキュアに、発がん性物質!!
あちゃぁ、そういうことだったか・・・・。
木工ボンドで代用してみたりもしたけど、今一つ 透明感に欠ける。
しばらくは、『これっ!』ってものを探すしかないなぁ・・・。



2016年6月 9日 (木)

針金で・・・・・

よく降った。大雨洪水警報が出るほど降った。お昼回ったころから、そんな雨も止んだ。気まぐれ。
今までの雨の時とは違い、むしむし暑い。いやな雨へと移り変わってく。
やらなきゃいけないこと、読まなきゃいけない本etc・・・たくさんあるけど、なかなか前進しないことに不安と苛立ちを感じる。間違いなく終わりは近づいているのに、昨日と今日は全く違うのに。
手仕事市へ行った折(もう随分と以前のことだけど・・・)、ワイヤークラフトがかわいいと思った。過去にも、この手のものはいろいろ見たけど、最近は作家さんのデザインが、結構私好み。ダイソーで針金買ってきた。ついでに、マニキュアも買ってきた。透明感のあるマニキュアがなく、ちょっと残念。
小さな小さな、花とも葉っぱともつかないものを捻ってみて、マニキュアで色付けしてみた。
何か、テーマを持たせることはできないものか・・・・って、ちょっと考えてる。
しかし、針金捻ってても、寄る年波を感じてしまう・・目!細かな作業には向かないお年頃ということか・・。

「夕焼け通り、自由詩人で、ちゃんと郵便物が届くんですよ」静かな声で、嬉しそうに言った男の訃音を、尾道のハンバーガーやさんの追悼ライブの告知で知った。
実家の町で、自由詩人というライブカフェ(?ジャンルは特定できず)をやってた、マスター。彼の嗜好はフォークで、私の音楽思考とは全く違ったので、頻繁に会うこともなかったけど ・・・・・。それでも、数度会って話した記憶がある。
当時、一曲だけヒットを飛ばした『たま』なるバンドを、実家の町へ呼ぶんだと東走西奔していた。物静かな努力家に見えた。たくさんの、いいお仲間に見守られて逝かれたと確信する。四月下旬の旅立ちだったと。
合掌

2016年6月 6日 (月)

入梅直前山行

梅雨に入る前に、一つ山へ行っておきたい。ずっとそう思ってた。
まんまと、6/3の金曜日、相方が休み。お天気もよさそう。決まり!・・・って、どこの山???
今シーズンも勝手知ったる・・の山から始めるか・・・・ということで、県森へ行くことに。(五月の連休の初っ端に行った吾妻山は、寒くて満足に歩いていないので今シーズン最初の山にはカウントしていません)



中国地方も今日6/4梅雨入り。
睨んだ通り。金曜日の山行で大正解。伊良谷からの下山は、一番きついルートだけど、ミヤマヨメナロードと言われるほど細い山道の両脇は、清楚な白い花で覆いつくされていた。何度か通ったことのある道だけど、この季節は初めてだと気づかされる。
ただ、この清楚で可憐な花を帰宅後調べてみると、特別な高山植物ではなくて、どこにでも生えている 雑草同然の花!?って・・・・。ちょっとがっかりだけど、これだけ見事に群生すると、雑草同然であっても見ごたえがあった・・・と褒めておく。


相方の山靴のソールが片側はがれて、もう片側がはがれかけてたのを、慌てて接着修理して出かけた山。最近の接着剤はよくなった。再びはがれもせず、帰って来た。
ところが、今度は私の山靴のソールがはがれかけている。ほぼ同時期に買った靴、同じように経年劣化が起きるのかなぁ。次行く時までに接着しておかなきゃ。

2016年6月 1日 (水)

六月

日曜日は朝から雨。ヨーグルトと牛乳を買いに出かける。

梅雨っぽい雨が降り始めた午後。6/3の山行は大丈夫?それとも、雨でも行く?
山を教えてくれた父親の友人Yさん(故人)が、山へ行くのに雨を心配していてはいけない・・・って言ってたことを思い出す。それほど山は雨が多いところ。

長野のFさん、三度目のピットインからアウトへ。メールを見る限りお元気そうで一安心。穏やかな日が続きますように。
豆本制作を提案しておいた。どうなるか・・・・。

jazz_score用に4:3モニターつないでみた。上下の黒帯我慢すれば使えるんじゃない!?

かぼちゃって、甘いから昔からあんまり得意じゃない。けど、替わり味ディップにしてくれた。カリカリトーストのフランスパンにつけて食すと、旨し!
”弦が原因だろうなぁ・・・・”チューニングは合わない、合わせてもすぐに狂う・・・弦が寿命とはわかっていた。
強度は?と、つかんでみたら切れた1st弦。むかし、張った時のスペアがあったので張った。これはこれで、もう寿命ちかそう。いいのいいの、練習だけだから。
2003年店をやめて以来、パンを買いに行くことがほとんどなかったリトルマーメイド(アンデルセン)。久々に、駅に入ってるお店で、お昼のパンを購入。あちこちに小細工が感じられてちょっとがっかり。経費節減策が、簡単に客に見透かされるようじゃぁ・・・・・

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

PacoWebOffice本家サイト

ninja01