« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月22日 (月)

春、まだ遠し

旧暦元旦から、遠ざかるにつれ 日差しは春めいている。けど、バレンタイン明けから寒い日が続く。体調もいまいち思わしくないのは、この気温のせい?

実家の町で、チックコリアのコンサートがあるらしい。あの町に、コリアが!
ひと昔前だったら、考えられないコンサート。
でも、小曽根さんとのPデュオ。ずいぶん昔に、職場の同僚が キースジャレットのPデュオコンサートへ行った。
その時の感想が「ほとんど寝てた」。この言葉はいまだに私の頭にはっきりと残存している。
このことが、『たぶん行かない』の比率を高めている、今のところ。
この季節、春めいた日差しを求めて 近隣の古い町を訪ねたい気持ちに駆られはするが、ネックになることがある。
古い町の、古い金持ち宅には、まずお雛様がある。街を上げて、この古びたお雛様を飾って、観光客に見せようとする時期である。もちろん現在使用中の古い民家に飾るのであるから、気軽に一般開放というわけにもいかないのだろう。そこへ、老人のボランティアが待ち構える。
しかし、古いお雛様に、聞いてみたい逸話は、そうはたくさんあるはずもなく、ほとんどの場合、普段あまり話をしない老人のお話し相手にさせられる。
これはこれで、我々の方がボランティアということで、別にいいのだけれど、せっかくお雛様の説明をされるのなら、我々が聞いて、感心や驚きといったようなネタが欲しいところである。根拠のないおとぎ話はいらないけど。
一般家庭にあった古い雛人形には、これといった話はないのがふつう。
当時のお金でいくらで買ったとかの、これまた古い自慢話で終わることの方が多い。
寒い土間で、長時間の退屈なお話にも、だんだんと耐える体はなくなってきてしまったので、この時期、古びたひな人形展示で待ち構えている町へは、行かないことに決めている。

ベランダから差し込む日差しは、すっかり春めいていて 出かけたくなった日曜日。前日の雨降りが、余計にそんな気にさせた。久々お城まで歩いて、図書館へ寄って帰ることに。
表へ出てみて驚いた。日差しとは裏腹に、空気が冷たい。時折強く吹く風も、冬のまま。
一番鶏が鳴いたと勘違いさせられて、亡霊に両耳をとられた『耳なし芳一』の気分。春はまだ来ていなかった。
それでも、駅前のお店の中は、すっかり春の風色。心ウキウキカラーで占められていた。冬のさ中と違い、今が春を待つ気持ちが一番強いかもしれない。
すっかり冷えた。

2016年2月16日 (火)

バレンタインデー・・・・ねぇ

雨予報の土曜。それもまとまったのが降るなんて言ってるから、買い物と図書館を一気に済ませるべく、車で出かけた。運動不足を意識して 図書館だけの用の時は歩きで出かけてばかりだった。
車で回ると、あっという間にすべての用が終わってしまった。
現代人は、車で時間を買っているんだなぁと、つくづく思った。
それでも、最近の我が家は、二本の足で歩く方が好き。

先日の風がてっきりそうだったと思ってた。でも、実は今日の風が春一番だったらしい。
一歩一歩、近づくね、春。
年々ギリ化感が強くなる日、ヴァレンタインデーに便乗してワインを飲む。小道具のチョコも登場。お肉とか魚も、あまり食べたくなかったので、久々のピザにした。
ワインも、ヴァラエタルのサードワールドのピノ・ノワール。ピザのトッピングも一枚はノーマルで、もう一枚はブルーチーズバージョンに。この、ブルーチーズも久々に買った。
健康診断以来、この辺りの食い物はことごとく我慢している。
チリのピノとブルーチーズが、とてもおいしかったので、ピザの写真を撮るのをすっかり忘れていました。


食後にチョコを食したのだけど、我が家ではバレンタインデーのチョコは、すでに『縁起物』化していることに気付かされました。お正月の鏡餅と同じ括りかもしれませんな。

2016年2月13日 (土)

ネコノテパン工場

『淡雪』とは、春の季語とのこと。朝のTVでやってた。
うちの近所の淡雪さん、開店されて、一旦閉められ(この時はリニューアルとの告知があった)、再び開店。そして、今は何の告知もなく看板も取り外されて閉まっている。
夢を持っての開店、現実は思いのほか厳しいもの。
夢を現実のものにしたくて、私もずいぶん昔に店を開いた。世の中の嗜好なんてどうでもよかった。自分が好きだと思うことを、提案して 同期した人だけが来てくれればいい。そんな安直な考えは、開店して間もなく吹っ飛んだ。夢と現実。天使と悪魔ほどの差がある。

悪魔は容赦なく舞い降りてくる。天使はだんだんと遠ざかっていく。
ダーウィンの言葉に、「生き残れるものは強いものではない。変化できるものだ」みたいなのがある。
まさに、その通りだと思った。

旧暦の元旦。風邪の症状に急襲された。鼻炎対策しなきゃなぁ。

『ザ・クリミナル合衆国の陰謀』録画を鑑賞中。TVがつまらないのが多い時には、このHD録画重宝する。
今日は、春一番みたいな風が吹いた。歩くのに難儀した。

鼻グスグス・・・・花粉症か。それすら定かではないけど、明日の休みは尾道へ行ってこようと思う。もうしばらく、写真も撮っていないし、この街を彷徨ったくらいでは、写真ネタはなさそうだし。
慌ててカメラや携帯を充電中。
ちょっと気になっている所が二か所ほどあるけど、行けるかどうか・・・。
以前から尋ねたいと思っていた、尾道の『ネコノテパン工場』。想像通りのいいテイストのショップでした。カンパーニュ、ブルーチーズイリパン、クロワッサン、ピザ 海を眺めながら食しましたが、いずれも大変おいしゅうございました。

続きを読む "ネコノテパン工場" »

2016年2月 8日 (月)

はがせます

長野に住む元上司Fさんのところの、ワンコが亡くなったとメールが来た。家族同様のワンコだったみたい。
去年、健康自慢のFさん、人生初の入院生活をされた。予定より少し長引いたものの、無事退院された。ワンコも、Fさんの退院を見届けて旅立ったんだろうなぁ。しばらくは寂しい日を過ごされることと思います。
入院中のフォトをご親戚の方がFBにアップされていた。結構痩せられていた。ワンコの死を知らせるメールに奥様とご一緒にワンコの骨壺を手にされたフォトが添付されていた。
入院の時とは違って、すっかり冬毛ならぬ冬肉になられてた。安心した。

年齢を重ねるにつけ、慣習めいたことは だんだんと端折られてきた。
そんな中で、いまだに姉とのバースデーカードの交換は続いている。どちらかが、ぴたりと辞めれば コレも終焉を迎える慣習なのだろうけど・・・。
二月は姉の誕生月。
いつも行くショッピングモールのお店で、カードを買って、その場でメッセージを書いて投函してしまおうと考えた。
誕生日の日にちが迫っていたから。
82円切手と住所を書いたメモ紙は持って出かけた。途中、封をする糊も必要と気づいた。
ダイソーへ寄って糊も購入していこうと決めた。
ダイソーで、数ある糊に面喰いながらも、パッケージに書いてある能書きも六すっぽ読まないまま、テープ糊を購入。テープ幅も同じなのに、ケースの色が違うだけ(に、見えた)の糊を、ちょっと不思議に思いつつ。
ケースの色違いが必要かね?

モールのお店でカードを選んで、その足で、同じモールの中にあるポンパドールへ行って、小さなパンとコーヒーを買って イートインのテーブルに座って、カードにメッセージを書き込んで封をした。一度テープ糊を転がしただけでは、なんだか風が浮いた感じで頼りなく思った。再度、糊を転がして 今度は封をしばらく指で押さえてくっつくのを待った。
以前よりはましな気もしたが、相変わらず頼りない。
『100均の糊は、やっぱりダメなのかなぁ・・』そんなことを思いつつ、ポストへ投函して、買い物をして帰宅。

改めて、『つきの悪い糊』を袋から取り出してパッケージを眺めると、そこには『貼ってはがせる』の文字がはっきりと書いてあった。
はがれて当然の糊だったんだ。慌てて姉にメール。途中はがれて、中身が無くなったバースデーカードの封筒だけが届くかもしれない旨を伝えた。
それにしても、自分自身の慎重さの欠如に、少々ショックな日だったことに間違いはなかった。

貼ってはがせるテープ糊、必要な人いるのか?


2016年2月 3日 (水)

ぐぅ・・・・・風邪???

二月スタートの日は、ドンヨリ鉛色の空。しかも冷え込む。
もっとも、この時期が一番冷えるのではあるけれど・・・。
鼻はグスグス。また風邪薬のお世話になる。

月が新しくなったから、FaceBookの扉も変えた。ありきたりのフォトで、作ってても楽しくない。気が乗らないから、照明も部屋の照明任せ。変な影も出た。

急きょ予定キャンセル。寒気がする。お腹へも来てる。

「死は存在しない。生きる世界が変わるだけだ。」ドゥワミッシュ族
Twitterでフォローしてるbotが届けてくれた、ネイティブは、良い言葉をたくさん残してる。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

PacoWebOffice本家サイト

ninja01