« 食も衣替えの季節となりつつあります | トップページ | 秋雨が続きます »

2015年9月14日 (月)

懐かしす・・・・原風景

◇台風の影響でか、残暑感のない日を過ごしている。雨も一区切りついたみたいだし、運動がてら歩いて出かけることとす。
若いころから兆候はあった、アレルギー性鼻炎っぽいのが、ここの所顕著。加齢とともに、若いころ なんでもなかったことがクローズアップされてくる。
◎青空が広がってる。青空を見てると、無性にどこでもいいから出かけたくなる。今住んでる部屋が、年がら年中照明をつけっぱなしの部屋。
青空が恋しくなったのは、この部屋のせいか。
早く、住環境を変えたいものだ。今最も実現させたい夢だ。
◇鬼怒川決壊!?大変なことになってる。怖いなぁ、自然の猛威は。・・・って思ってるところへ、国勢調査の用紙を持ってきた。PCで申請は良いね。いろいろ資料を手元に集めとかなきゃ。
☆昨日に引き続き、本日もいいお天気。北の人たちに申し訳ないくらいの。
◇東京在住の知人数人に、地震の安否確認のメールを送った。
国立に住むKさん、無事。
久しぶりに、町の様子を聞いたり、ブログを拝見したり。
国立の町は、ここのところへきて閉店が増えているという。(もっとも、これは全国的な傾向なのではあろうけど)
景気の低迷、市場構造の変化、後継ぎ問題etc・・・諸問題が複雑に絡み合っての結果なのだろう。街の様子が変わるということは、かつて住んでいた人間にとっては、とても寂しいこと。が、時代の流れには逆らえない。
いま、国立の駅に降り立って、街を一望しても おそらく懐かしさはこみあげても来ないほど、全く別の町になってしまっているんだろうなぁ。
10年ひと昔なら、もう三昔も昔のことだもの・・・・。

国立在住の知人が、リクエストに応えて 以前住んでた共同住宅の写真をブログに掲載してくれた。建物自体当時のものなのかはわからないけど、屋根の鉢巻部分や、二階へののアプローチ階段、手前隣家との境のブロック塀、建物わきの電信柱は、当時のものと思われる。
建物すぐ向こうの駐車場は、確認できないが、その奥が家主さんのお宅。
この狭い道の奥の左へ、会社の車で帰ってきたときに路駐して、朝見ると、フロントに『駐車禁止』の貼り紙が良くしてあった。今思えば、大変迷惑なことを若気の至りで平然とやって居たものだ。
いま、若造の傍若無人な振る舞いに腹立たしさを覚えるのは、当時、駐禁の貼り紙をした人の気持ちと同じということだ。改めて、時の流れを感じさせてもらった。車とバイクを同時期に持っていたころ、この電柱の下にバイクを止めておいて、家主さんに注意を食らったこともいい思い出。
私の原風景といったところ。street viewのカメラはこの通りに入っておらず、絵を見ることができなかった。反面、線路を挟んだ同じくらいの通り(私の友人がまだそのあたりに住んでいる)、渡辺プロダクションの寮へ続く道の方は、viewで見れるのだけれどなぁ。
手前のうちのご夫婦の喧嘩の声や、飼われてた日本犬の鳴き声やらが、聞こえてくるよ。時空を超えて・・。

« 食も衣替えの季節となりつつあります | トップページ | 秋雨が続きます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1342013/61599373

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしす・・・・原風景:

« 食も衣替えの季節となりつつあります | トップページ | 秋雨が続きます »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

PacoWebOffice本家サイト

ninja01