« 芦別岳のこと~こだわりのチョコ | トップページ | 本日も写真なし・・・・写真ネタが、まったくない・・・って »

2015年3月 5日 (木)

弥生 三月

▽寒の戻りみたいな週初め。
景気も悪い
暫くは、無駄な動きを慎しんで、別の作戦を練ろうかと思う。ガソリン価格も、再び上昇傾向とのことなので
●この気候で、やっぱ慢性的運動不足?
と思って、今日もチャリで出かけたけど、一通り回るべきところを回って、遠回りもせず そそくさと帰ってきてしまった。
犬や猫は、景色に見飽きるってことはないのだろうか。いつも同じ食い物で飽きるってことはないのだろうか。
人間は、面白いところもない見飽きた町は、もうしばらくは見なくてもいいと思ってしまう。
行かねばならないところがあるから、仕方なしには出かけるけど、用がなければ通りたいとも思わない街。
こういったことだけ、犬的とか、猫的になれれば、おっくうがらずに済むのに・・・・と思ってしまう。

ま、へ理屈による運動不足ということかぁ?せめて、気候でもよければなぁ・・・・

▽お天気下り坂の割に、寒い朝。なんと!息が白い
ひな祭りなんだな今日は
昔は、古い 顔立ちのいいお雛様を飾ったもんだ
こうイベントも、深く頭に刻みこまれている
ドールハウスとかに興味を持ったのも、こういった刷り込みの影響なんだなぁ、きっと
●長野のFさんから、芦別岳慰霊登山の詳細をCDにまとめて送ったからとFBのコメントへ。
何故か、以前から私は山岳遭難に興味があって、数冊の山岳遭難のノンフィクションを読んでいる。
随分と昔、最初に読んだ本が『空と山のあいだ―岩木山遭難・大館鳳鳴高生の五日間』だった。
低山歩きをしていたこともあって、むしろ『遭難しないために』読んでいたのかもしれない。
私は寒さに弱いこともあって、冬の山は行かないが、岩木山はたかだか1600mの山。
渓流釣りを始めたころ、先輩から「コップ一杯の水でも溺死できる」と、よく水の怖さを聞かされていた。
たった、1600でも遭難できる・・・・を肝に銘じて、たとえどんな低山でも、注意深く歩くことは心がけている。

現に、山での思い込みや、登りと下りの時の景色の違いとかで、何度も低山で道迷いは経験しているから。
元来、私は迷い系。俗にいう方向音痴気質。
というか、迷った時の勘が『否』へ働く傾向にある。

どんな低山でも、道迷いをしたときは動揺する。
気が付いたら、昼間なのに薄暗い造林の谷間へ入り込むと、心細さは倍増!
大声を出せば、誰かに聞こえるような山でもだ。
それくらい、『間違った』という意識は、動揺を引き起こす要素なのだろう。

テーマパークとは違い、すべて自己責任。生きるも死ぬのも自分次第が、『山』だと思っている。低山歩きに味を占めたころ、まず手にした本が遭難本と山岳信仰本だった。

山は、素晴らしいものであり、また怖いものでもあると思っている。
いつも手緩く優しさだけで歓待してくれるのではないところが、山の魅力でもあると思っている。

FaceBookには、長辺2048pxのイメージが一番きれいに乗るらしい。
1px多くても小さくてもダメって・・・・勝手に縮小されたり、拡大されたり・・・・ならば、フォト蔵からのURLのほうが融通が効くってぇもんか!?

« 芦別岳のこと~こだわりのチョコ | トップページ | 本日も写真なし・・・・写真ネタが、まったくない・・・って »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1342013/59158583

この記事へのトラックバック一覧です: 弥生 三月:

« 芦別岳のこと~こだわりのチョコ | トップページ | 本日も写真なし・・・・写真ネタが、まったくない・・・って »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

PacoWebOffice本家サイト

ninja01