« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月30日 (月)

2015年スタートは岳山

〇寒さが緩んでくるらしい。いよいよ、春?仕事の方、土壇場でちょっとドタバタ。お客さんが海外出張に行かれたため、しばし中休み。ウェブもほぼ完成。
気候がいいのは結構なんだけど、花粉だか、PM2.5だかに、鼻がムズムズ。完全にアレルギー体質になってしまった。
▽明後日は、お天気悪いらしい。どこかへ行くんだったら、明日か・・。
近場の山にでも行ってみようか。桜のない場所なら、混みもしないだろう。
◆国立/大学通りの桜のことをやってたTV。
そういえば、桜並木だったかなぁ・・・・。遠い遠いかなたの記憶になりつつあるけど、ふとした気候や、季節、お天気で、住んでいた頃の記憶が、フラッシュバックすることがある。
●どこか遠くを旅したい気分だけど、不可能。せめて、もう少ししたら 開通した松江道で山陰にでも行ってみるか。
◇ふっと気になった・・・・アレンコリンズって・・・・調べると、飛行機事故で九死に一生を得たにもかかわらず、その後 37歳(1990年)に肺炎で亡くなってた。
Call me the breeze・・・・・懐かしい

▽今季初の山歩きは、超近場の岳山。800m弱の山だけど、結構気に入ってる。
いつも上がるルートとは逆を歩いた。
難所はいくつかあるけど、概して歩きやすい山。
山の様子にもあまり大きな変化はなく、安心。

久々に歩いて、以前歩いた時より大きく山様が変わっていると、ちょっとがっかりさせられる。山は変わらないからいい。
ヒノキの香りに包まれて山を下りてきた。

2015年3月21日 (土)

血圧上がった!!

〇相方のパソ、開封して初期設定だけした。
安いから?本体と電源以外は何もない。
こんなんで大丈夫か!?
セッティングが終わったら、回復ディスクを作れってなってる。
▽html5と、チョットだけ格闘した。
display:table-cellなんて、聞いたこともないようなタグに出くわす。
でも、便利そうだけど・・・・・marginが効かない・・・って。諸刃の剣なのか?

不景気続きで制作の仕事もご無沙汰で、タグも忘れているものが多い。それでも、記憶の切れ端は残っているみたいで、ちょっとだけググって解消する。まだまだインプットは大丈夫そうだ。
◆改めて、昨日裏山を歩いて・・・山は良いと思った。いつも、こう思うのだけれど、またしばらく行かない日が続くと思う。
山へ取り付くまでが、ちょっと面倒くさい感じか・・・。
●お天気悪化中。明日は全国的に雨降りかぁ・・・。梅雨みたいだなぁ。
相方no win8を、パスなし仕様にして、アカウントも変更。回復ディスク作らなきゃ。これは後日。USBフラッシュ無いし。
何かを省略して作ると500MBちょっと。なんだかよくわからんけど、工場出荷状態へ戻す回復ディスクを作るには、8GBが必要らしい。

お客さんの展示会の案内を、お客さんのウェブと、私のウェブからのリンクと作った。暫定。あれこれ、忘れかけてるタグにいっぱい出会った。
▽回復ディスク用のUSBと、バリラのNo.3パスタ発注。
買ったパソに、『訪問サポート』のチラシが入ってた。
相方が、「行って診断するだけで、こんなに取るんだぁ」って。「あなたも、もっと早くに会社みたいにしておけばよかったね」って。
うん、後の祭り。

もすこし、訪問サポートのことをPRするかいな。一応看板にはあげてるんだから。
◆朝、父親から電話。いろいろ話しているうちに、積もり積もった思いのたけを吐き出したら、縁を切ることになった。自己中心的な親姉妹、すでに切ってたようなもの。清々した!
ここのところ、心穏やかでなかったのは このことの予感だったのかもしれないな。
移住計画を、より具体化させねば。
母親が亡くなって、私には心で頼れる身内はいないと ずっと思っていたから。残念なことだけど、運命ということで。


電話を切った後、血圧が急に上がった気がしたので駅裏の八幡様へ駆け込んだ。
ちょっと元へ戻った。

2015年3月17日 (火)

久々の裏山。実は今年初めて・・・・

▼何者の仕業か、ベランダの手すりの下の桟の部分に、スキンが一個。もちろん未使用。
超腹が立ってきた。何者の仕業?やっぱ、防犯カメラつけなきゃダメかなぁ・・・。
何はともあれ、ちょっと頭の中がグチャのやつがいることに間違いはなさそう。要注意だね。

●お客さんの展示会に間に合わせるべくのweb。いくらも日にちがない。フォトとテキストさえ集まれば何とかなる。
■墓が混雑する彼岸前に墓参を済ませてしまおうと思ってる土曜日、起きると雨。出発を少し遅らせる。
TVは、北陸新幹線で盛り上がってるけど、我々には関係なし。
そんな中、ちらりと映った『加賀毛ばり』には目が引き寄せられたぁ。いつになったら、竿出せるんだろう・・・・。

▽彼岸を前に墓参ツアーを。7墓を参って、北の世羅辺りまで出かけて帰ってきた。車の中は、ポカポカ陽気で暑いくらいだった。
帰って、お客さんのウェブのパーツづくり。

●糞がつくくらいFontをたくさん解凍していたら、パソが暴走し始めた。
なんとか、なだめて事なきを得た。
◆アカだけはずっと昔に取っていたけど、歩くのが山でなく町だったり、スーパーの中だったりで、なかなか書き込めないでいたヤマレコ
本日、目を休めるために久々にいった裏山を書き残した。低い里山で恥ずかしい。
二人のおばちゃんに、三度も出くわした。
〇相方のパソがもう来た!今日はセットしてられない・・・・・・。

2015年3月12日 (木)

本日も写真なし・・・・写真ネタが、まったくない・・・って

▽XPで使ってたMTR。7にしてから、使ってなかったということか・・・・・ドライバーやソフトがインストされていないことに気づき、昨夜急遽 あれこれをインスト。
予定が狂ったときは、音楽三昧・・・・もいいかな。
チョット使わないと、すぐに使い方を忘れてしまう機器類。
●ずっと、一階には我が家しか住んでいなかった東隣に、人が越してきた。
ちょっと、気遣いの暮らしが始まる。
野中の一軒家に暮らす気楽さに馴れていただけに、しばらくはちょっとした物音にも神経を使うことになるのか。肩こりが激しくなるな。

さて、今度はこっちの引っ越しだ・・・・と早く言えるようになりたい。

▼予報通りの雨の週明け。警察の赤色灯つけたバンが、傘さし自転車を見るたびに 空念仏のような「危ないからやめてください」を連呼している。傘を閉じようとする自転車はいない。選挙の「私が当選した暁には、こうします、ああもします」を聞いてるのと同感覚なのか????
◆E11→E17 変換アダプター4個 1200円送料込というのを発見。諦めず探してみるもんだね。
早速オーダー。
そして、肝心のハロゲンスポットの照明器具を探し出すも・・・・グァ~~~ンッ!4個のスポットの内、3個はE12のソケットに付け替えつつ、作業は途中やめ。一個は、器具は手つかずの状態だけど、電源レールへ取りつける器具を外したまんま。
結果、今 すぐに変換アダプターが来ても どれ一つとしてまともに光り輝く照明器具状態ではないということ。まずは、取り外したパーツの捜索。
元通りに組み直し。
その後、お取り寄せのアダプターを付けて、E17のLEDをつけて、スイッチオン!ということになる。アダプターが見つかったことは、相方には言うのを止そうと思う。

◎とうとう米までもネットで買うことにした。いつもはスーパーでついでに買うのだけれど・・・・・。米まで、旨いだ、不味いだ言うつもりもないけど・・・スパーで買うコメは、やっぱりあまり旨くない。当然、安いものを買うからだとは思うけど・・。
結局こういった消費が、地元商店との希薄意識に繋がり・・・・って、スーパーに昔のような人間関係なんてありゃしないから、ネットで買っても一緒か。

◎以前ウェブを作らせてもらった設計士さんの所に、作例をスライドショーでアップしていた。
何気に使ったBGM、当然著作権法に抵触。それでも強引に消されずに残っていた。
ちょっと気になって、お客さんに了承を得てBGMを消すことに。youtubeへ行って、消そうとすると 著作権抵触が邪魔してて消せないと!

困った。DVD探せば、当時の作業の資料はすべて出てくるだろうけど・・・・何とかはしょることはできないものか

うまいことに、FTPは残ってた。スライドサイトから、問題のスライドをDLしてきてコンバーターを使って音消しして保存。youtubeから、問題のスライドを消去。お客さんのサイトからスライドページをDLしてきて、新たにアップした無音のスライドのURL埋め込み。

と、本来ならyoutubeのスライドの音消しだけで済む作業が、ちょっとばかし手間がかかった。
でも、今朝作業終了で、次に移れる。

▼相方のミニノートのバッテリーが、完全に昇天。BU電流にも事欠いて、毎回時刻合わせから。
もう随分と使ったし、XPだし もうバッテリーのリカバリーとかじゃなくて買い換えることにした。
安いノートを探す。

●久々のお客さんからのメール。アートフラワーのサイトを立ち上げたいとのことで、段取りを始めるうち、物撮り用のライトは不可欠かなぁ…と思いだす。物撮りをお客さんの所でやることは、今のところあまりないので プラスチックケースに、三脚ねじつけて、電球式蛍光管二本はいるライトを作って使ってはいたけど・・・・・ちょっと、見てくれがよろしくない。ライトのブランケットを二つ買おうと思う。お客さんに不安を与えないためにも、あまりみすぼらし過ぎる機材は使わないほうがいいよなぁ・・・・・・私的には、結果オーライで、何使っても、結果さえ同じならいいとは思うんだけどなぁ・・・・・・。世間は許さんだろう・・・ブツブツ

2015年3月 5日 (木)

弥生 三月

▽寒の戻りみたいな週初め。
景気も悪い
暫くは、無駄な動きを慎しんで、別の作戦を練ろうかと思う。ガソリン価格も、再び上昇傾向とのことなので
●この気候で、やっぱ慢性的運動不足?
と思って、今日もチャリで出かけたけど、一通り回るべきところを回って、遠回りもせず そそくさと帰ってきてしまった。
犬や猫は、景色に見飽きるってことはないのだろうか。いつも同じ食い物で飽きるってことはないのだろうか。
人間は、面白いところもない見飽きた町は、もうしばらくは見なくてもいいと思ってしまう。
行かねばならないところがあるから、仕方なしには出かけるけど、用がなければ通りたいとも思わない街。
こういったことだけ、犬的とか、猫的になれれば、おっくうがらずに済むのに・・・・と思ってしまう。

ま、へ理屈による運動不足ということかぁ?せめて、気候でもよければなぁ・・・・

▽お天気下り坂の割に、寒い朝。なんと!息が白い
ひな祭りなんだな今日は
昔は、古い 顔立ちのいいお雛様を飾ったもんだ
こうイベントも、深く頭に刻みこまれている
ドールハウスとかに興味を持ったのも、こういった刷り込みの影響なんだなぁ、きっと
●長野のFさんから、芦別岳慰霊登山の詳細をCDにまとめて送ったからとFBのコメントへ。
何故か、以前から私は山岳遭難に興味があって、数冊の山岳遭難のノンフィクションを読んでいる。
随分と昔、最初に読んだ本が『空と山のあいだ―岩木山遭難・大館鳳鳴高生の五日間』だった。
低山歩きをしていたこともあって、むしろ『遭難しないために』読んでいたのかもしれない。
私は寒さに弱いこともあって、冬の山は行かないが、岩木山はたかだか1600mの山。
渓流釣りを始めたころ、先輩から「コップ一杯の水でも溺死できる」と、よく水の怖さを聞かされていた。
たった、1600でも遭難できる・・・・を肝に銘じて、たとえどんな低山でも、注意深く歩くことは心がけている。

現に、山での思い込みや、登りと下りの時の景色の違いとかで、何度も低山で道迷いは経験しているから。
元来、私は迷い系。俗にいう方向音痴気質。
というか、迷った時の勘が『否』へ働く傾向にある。

どんな低山でも、道迷いをしたときは動揺する。
気が付いたら、昼間なのに薄暗い造林の谷間へ入り込むと、心細さは倍増!
大声を出せば、誰かに聞こえるような山でもだ。
それくらい、『間違った』という意識は、動揺を引き起こす要素なのだろう。

テーマパークとは違い、すべて自己責任。生きるも死ぬのも自分次第が、『山』だと思っている。低山歩きに味を占めたころ、まず手にした本が遭難本と山岳信仰本だった。

山は、素晴らしいものであり、また怖いものでもあると思っている。
いつも手緩く優しさだけで歓待してくれるのではないところが、山の魅力でもあると思っている。

FaceBookには、長辺2048pxのイメージが一番きれいに乗るらしい。
1px多くても小さくてもダメって・・・・勝手に縮小されたり、拡大されたり・・・・ならば、フォト蔵からのURLのほうが融通が効くってぇもんか!?

2015年3月 2日 (月)

芦別岳のこと~こだわりのチョコ

◎元上司とskype中に、上司から初めて聞く話になった。(東京で一緒に仕事してた頃、上司のことは大概のことは聞いてたつもりでいた)
元上司、高校生の頃 写真部所属にも拘らず、山岳部の先輩から、記録係として山行に駆り出されていたと。
その中で、芦別岳山行の話をとても興味深く聞いた。
勿論、私と元上司が一緒の職場にいたころ、私は山へ行く趣味はこれっぽっちもなく、おそらく私に山の話をしても 面白がらないだろうとの心配りで、元上司 話されなかったのだろうと推測する。
私が、低山歩きに興味を持ったのは、こちらへ帰ってきてからのことだもの。
それも、渓流釣りで地図を見ているうちに 少しずつ興味を持ち始めたのだったか。

殊の外、芦別岳で 別の高校生が遭難事故を起こした後の登山の話が、妙に心に残ってskypeを終えたのち、ググってみると・・・・・芦別岳の遭難慰霊碑のことをgooで質問されてる方がいた!

何たる偶然!
回答してあげようと、日付に目をやると2010年の一月。回答は締め切られていた。

それにしても、この手の偶然には驚かされる。

▽週末月末の土曜日は、予てから気になっていた 尾道の対岸に浮かぶ島 向島(むかいしま)にある、チョコレート工場へ。
廃屋同然の市の施設を借り受けて、市外からの若い人たちが、カカオの選別から手作り感たっぷりのチョコを作り上げて売っている。

何年も前に、ワインとチーズに拘って、なけなしの金をはたいて始めた店のことを思い出した。
元気があれば、もう一度こだわった商売をしてみたい気持ちにさせてくれた。

◆昨日行った向島、通った道は昔の面影のないところばかり。通った道に限らず、おそらく私が子供のころ行った島の様相とは、どこもかしこも大きく様変わりしているのだろう。
そう、ここの島は亡き母の故郷。そんなこともあってか、子供の頃には 何度となく訪れている。
もう今は、笑顔いっぱいで迎えてくれたおじいやおばぁは居ない。
代替わりするたび、訪れなくなる場所ばかりになって、遠くおぼろげになっていく思い出だけが取り残される。
今度は、昔と同じように 尾道の駅前からフェリーに乗って、島へ着いたらてくてく歩いてみたい。蚊が大発生するころまでに、墓参もしたいと思ってみたり・・・・。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

PacoWebOffice本家サイト

ninja01