« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月29日 (水)

すっかり寒くなって、秋から冬へ?

●タグをたくさん忘れている(-_-;)

▼大きく掲載できる写真を撮りに行きたい・・・けど、目に留まるものがありきたりのものばっかりで、結局写真はしばらくとってない。扉の写真になりそうなのが取れたら、WEB更新ということで。
黒猫の死骸ではありません。大寛ぎの図です。

▼そう、魔女の一撃から二週間ほど経過。まずはもう大丈夫だろうと、『い~ほんで街歩き』みたいなイベントを見に出かけた。もちろん徒歩で。
駅近辺で、音楽もやってるみたいだったけど、とりあえず興味をそそる対象ではないとわかって、図書館へ移動。

図書館では・・・・なんだか、イベントはさみしい状態に。手持ちの古本とかを売りに出せるイベントだったらしいけど、図書館前広場の隅っこのへんに、数店出ているのみ。
こりゃ、明らかに失敗だ。ざっと、各で店を眺めて、早々に帰路へ着くことに。運動目的でもあった、街ブラ。13000歩ほどと、かなり歩いたけど・・・・帰宅後、腰へ来たぁ~!がっつりと。

長い距離を歩くと、腰へ!?

新たな不安。11月初っ端の倉敷ジャズ・・・・駅まで往復歩いて、倉敷の街も思いっきり歩くつもりが・・・・急に不安になってきた。購入を途中やめにしていた、腰のサポーターを急きょネットで発注。こんなもんで誤魔化せるかなぁ・・・・不安な一週間になりそうです。
●もう、あんまり面倒くさいソフトは、いじるのはよそうと思いつつ、これを最後にってな気持ちで、ちょっと面倒くさいソフトにさばりつく。案の定、何やら面倒くさそう。作りたいものが作れるようになるまでは、我慢してお勉強。それ以上の複雑なことはやるつもりもないし。
■10月も下旬。季節も深まる。
室温が23.7度まで下がってきた。いよいよ暖房準備しなきゃいけないか?足元が、冷えて仕方ない。安普請のマンション、季節ごとに不具合。でも、これで20年近く 仕方なしに住んでいる。せめて、環境だけでもいいところへ越したい。切なる願いだ。

2日に行く予定だった倉敷ジャズ、一日前倒し。お天気の都合。それでも、降られるかも・・・寒いだろうなぁ。

◎ソフトの使い方のヒントが転がっていないかと、この町では比較的大きな本屋へ。
がっかり・・・・数冊おいてあるだけで、全く役に立たなかった。ネットで調べるほうが、よほど有効。

2014年10月23日 (木)

心の目が閉じております

●老境に踏み入るということは、怯えの連続。山だって歩けるし、自転車にだって乗れる・・・なぁんて思っていても、あれ!?こんなところが痛くなってきてる、えっ!?ここを曲げると痛い・・・みたいな、驚愕の発見の連続で、少々心臓によろしくない。TVを見てれば、膝が痛い、歯が抜ける、目が・・・みたいなのばっかりで、よくみんなまともな精神状態で生きてられるなぁ・・・・と。気温の低下が、こんなくだらない悩みを盛り上げてきているのだろうなぁ。

◆雨降り前の月曜日。腰が・・・・つい最近まで、他人事として聞いてたようなセリフ。
ちょっと心も曇る。
▼以前歯医者で、「古い治療痕は、加齢とともに ちょっと疲れたりすると痛みが出たりします」みたいな説明を受けたことがある。
古い治療痕ではなく、ごく最近痛めた腰が、このどんよりとした曇り空のせいか、痛む。
とうとう、常備薬ならぬ、常備サポーターということになってしまうのか・・・・。必需品が増えるたび、気持ちが暗くなる。
〇ぎっくり腰という言葉は、なんだか、『へっぴり腰』みたいで、間抜けっぽくって好きではない。反面、魔女の一撃は、なんだか外国の匂いがして気に入ってる・・・・ってなことを言ってる場合ではないのだけれど。
雨が道路を濡らすこのお天気、傘をさして軽くウォーキング・・・なんてことも考えてはいるが、やっぱやめようかとも思っている。
雨降りの歩き方が、超へたくそなのか・・・ズボンの後ろがべちゃべちゃになる私。靴で水を跳ね上げていることが原因らしい。両足の間をあけて歩けだの、内またで歩けだの、手と足の出方を同じにしろだの、・・・・どう見ても、傍から見たら 大間抜けな解決策がネット上にはたくさん転がっている。挙句には、長靴を履けって!?
雨の日には出かけるなと同じような、無責任な回答をよこすやつがいるもんだ。
自分で後ろに蹴りあげた雨水が、まんまと自分にかかるように歩いているせいなのは理解できるのだけれど、それから先は、まだ改善できないで今日に至っている。
考えてみたら、東京にいたころからも、ザブザブの雨の中を歩いた経験って あまりないのかもしれない。それが、ここへきての田舎暮らし。アーケードは、昨今流行の取っ払え運動で、なくなりつつあるし、地下道なんてありゃしない。歩くのがむしろ好きな我が家では、傘代わりに車に乗るなんてことは極力避けたい。そんなことで、雨の中を傘さして歩く機会が増えているから、足の濡れも気になり始めたということなのだろう。

雨の日に足が濡れるという悩みを持たない人は、基本的に雨の日に歩いてない人。と、言うことなのだろうね。
◆寒くなるらしい。ちなみに北海道の気温を見て、ぞぉ~っ!
いよいよ、やな季節到来かぁ・・・・。

【写真撮りに出かける機会が、めっきり減ってしまい これといった写真もないまま。ふと、思い立って 町に何か面白い絵がないかと、帰り道に注意して帰ってきたりもするのですが、まず無い!もっと、熱心に心の目も開いてみれば、フレームに収めて面白いものはあるのかもしれませんが、心の目もとじたまんま。ここのところの、わたくし目の負の要素で、陽の目が開いておりません。まずは、腰の養生をして、心の陽の目を開いてカメラ持って出かけてみます。】

2014年10月18日 (土)

10月だって、中旬だ

●嵐は去った。嵐が来る前から、私は不調で・・・乗り気のしないキムチ鍋に始まり、安物の日本酒、今季初のおでん、時期外れな墓参、やぶ蚊の襲撃、魔女の一撃、福山ジャズ(これは陽の要素のはずだった楽しみだったのだけれど、ちょっと聞きたいジャズとはずれてて・・・・やはり、陰だったのか・・スリーとかフォーのコンボが聞きたかった)、台風・・・・。最終的に、ここ数日の、最近には珍しい胃もたれ・・・・・。概して、あまり好い10月中旬でもない。

健康面で考えるに、すべて食生活に問題ありと自己判断。体重を落とすことに、ちょっと本気を出すことに。(って、何から始めたらいいものか・・・・・)
以前店に来てたお客さんの、「健康でいるには、たくさん食べないこと」と、悟りきったようなことを言ってた人のことを思い出したりしている。
▼朝が、いつの間にか寒い。10月も中旬。寒くて当たり前なのか?それとも、早いのか?

○いつの間にやら、『魔女の一撃』に怯えた我が腰。思いっきり前かがみにもなれない自分に、過去ギックリ被害者を見て、なんであんなことになるんだろうと、不思議に思った自分はもういない。
◎今朝も寒い。衣替えが完全に追いついてない。着るものがない・・・(-_-;)
次の休みは、衣替え【完全版】を、やらなきゃぁね。
■TVで、年寄りいじめに次いで、メタボいじめ案を見るにつけ、いつどうやってこの世とさよならするかを考えるほうが得策のような気がする。
何が、社会保障だ。
〇福山ジャズの朝に食らった、魔女の一撃は、まんまと空振りだったか・・・と安心してた。でも、ちょっと長く歩くと 一撃は入ってたと気づく。
今まで腰の痛みの悩みなんぞ、まったくの他人事だったのに、加齢とともに 気づけば我事。
腹周りの脂肪を、何とか燃焼させて腹筋を鍛えて、一撃の後遺症を消し去らねば・・・・・。
従って、日曜のパワースポット山歩きは、も少し先へ順延。腰のケアと、衣替えへ予定は大きく変更。

2014年10月12日 (日)

時期遅れの墓参

●台風接近中。風邪の症状がもろ出てきた。これも気圧の影響かぁ!?

▽台風の影響も大したことなく、実に静かなもんだ。

■早速東京の親類のおばさんから携帯にメールが入った。
△彼岸に行かなかった墓参、今度の連休に敢行。連休は、また台風らしい。山へ入ろうと思っていたのに・・・・。ことごとく阻止されている感じ。
雨降りにいろんなリスクを背負ってまで、山歩きたいとは思わないもんなぁ。
それより、福山JAZZも、雨かも・・・。なんだか、祟られてるね。

□連休 ほぼ悪天候との予報。台風のせい。祟られてる感 ひしひし。
取敢えず、彼岸パスした墓参だけ土曜日に敢行ということで・・・。

12日に行くつもりだった、福山ジャズフェス。目下微妙な感じ。ま、雨でも降ったら・・・・行くなの暗示と受け止めて、行くの辞める。ま、期待する音楽が聴けるかどうかすら不明なのだから。
ネットで各地のイベント見てると、都市部では結構メジャーなジャズフェスやってる。羨ましい。やっぱローカルはだめだねぇ。好奇心の対象が、皆無に近い。都市部生活者との格差をつくづく・・・仕方ない、自分で選んだ都落ちだもの。

▼朝方の冷えが、相方は少々堪えるらしい。昨日布団を出した。乾燥機かけて。すると、今朝はしっかり眠れたのか、私より早くに起きだした。寒くてよく眠れないので、朝の目覚めが悪かったのか?もう、数日観察してみないと、寒さのせいなのかどうかはわからない。

予定通りの時期遅れ墓参。相性の悪い町は、用事をとっとと済ませて退散!って思ってた矢先、最初に行った墓所でやぶ蚊に刺された。三か所+α。急きょムヒ探しに、相性の悪い町をうろうろ。コンビニ、ホームセンター いずれもアウト。うろうろしてるうちに、ドラッグストアが開く時間になって、ムヒではないけど かゆみ止めを得て ほっと一息。

墓参終了後、とっとと広島空港へ。二機の離発着(うち、一機は787)を眺めて、帰路へ。かゆみ止め騒動がなければ、もう少しあちこち足を延ばそうと思っていたけど・・・・。

2014年10月 2日 (木)

十月に・・・三か月で2014年も終わり・・・・って

●年を取ると、時間の過ぎるのが早く感じるようになる?
その逆?
店を辞めたのが、2003年の9月30日。もうじき、私の店の命日。しかも、辞めて まる11年。この11年が結構速かった。嬉しかったこと、嫌だったこと・・・入り混じって思い出される。
月末には、何かワインを買ってきて 11度目の店の命日をしみじみと過ごすつもり。

できることなら、小さい小さいJazzyな店を今一度やりたなぁ・・・・そんな思いも、年齢に反比例して強くなってくる。

□元台風一過の25日、猛烈な日差しが差し始めた。恒例のATM行脚、午後から。
▽あれこれ面倒なことが多そうで、相方の『ケータイ』コールも、何気にはぐらかしてきた。けど、やはり、公衆電話が絶滅してきている昨今 ガラパゴス家庭の我が家も、連絡できるすべが現実的に必要な状況になってきた。

ので、本日 なんだかの勢いをつけて量販電気店へ出向いた。案の定、あれこれ、思考回路を停止させることをたくさん聞いて、ガラケーを選んで二人前買ってきた。名前と住所、名前と住所・・・・嫌というほど書かされて・・・・なんだかすごい疲労感。番号の申し込みまで二時間ほど待たされ、「あと、使い方は~」の店員の言葉に「もう解放してください。あとは、何とかします」と言って帰ってきた。

マイクロソフトにしても、このドコモにしても、トップにいる驕りからか、ソフトのUIは最悪。メルアド設定の段で、説明書を読んだだけでは困惑するネタが飛び出した。

パソで検索して、何とか設定終了。
こりゃぁ、年寄りとかには、初期設定は無理だわ・・・・そう思った。(私も十分な年寄りだけど)

ここ数年は、いろんな取説は読まないで 何とかやり過ごしてきた。もう、あの分厚い取説を一から読んでると、眠くなってしまうのだ。加齢の現象なのだろう。久々、ああか?こうか?を繰り返させていただいた。

◎山で死ねるということ。
このたびの御嶽山の噴火。せめて 山好きには、本望だと考えてあげたい。偶然分の一の事故に遭遇されて、命を落とされた方々のご冥福をお祈りいたします。

▽やっぱ、ガラケーもパソで管理したいので、パソとの接続ケーブルを買いに行く。腑に落ちないこともあったけど、当初の予想より安く買えて正解。SDHCカード、しょっちゅうパソへ取り込めば(photo)、たちまち要らないかも。

パソを敢えて自決させたときに、シンボルマークのストックをどこかに紛失したかも・・・。
ウェブの更新がますます遅れる。



裏の山は、夏と秋の鬩ぎあい。セミの鳴き声だって、まだ聞こえてくる。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

PacoWebOffice本家サイト

ninja01