« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月26日 (水)

ブログの動きが・・・

●春の陽気になりつつあるのは大いに結構なのだけれど、空中浮遊物質に対するアレルギー反応で、少々参っている。
花粉症って、ある日突然なるって話、あれって本当のことだったんだぁ・・・と思う毎日。
ヨーグルトメーカーを買おうかと思っている。でも、今は途中やめにならないかを真剣に考証中。また未使用調理道具のコーナーに積み上げられる物が増えるのも困る。せっかく、せっせと捨ててる最中なのに。
でも、ヨーグルトの有効性は認識している。種の保存も冷凍庫でできるらしい。(これに関しては確証は得てはいないけど・・・)今度の給料日にまでは結論を出す。
◆相方から、ミントタブレットの中毒傾向を指摘された。確かに、口に入れるペースが早い。
あの町にだけは、生まれ変わっても住みたくないという街

▲ふと、実家の街で暮らした10年間を思い出す。気分が悪くなってくる。

「絶対にあの町にだけは住みたくない」と、東京であれほど言い張ったけど、大馬鹿野郎のおやじが頑として聞かなかった。
その次点で、話をご破算にすればよかったと つくづく思っている。
かなり特殊で異常で民度の低い街。実家の町でも、浮いた町だ。
おやじはともかく、母親がじっと耐えたことを思うと心が痛む。
私だけではなく、相方までもが異常さに参って 白旗を上げてくれたおかげで脱出できた。東京のおじさんには大散財をさせてしまったと、未だに後悔している。

だから、もういい加減な人(自分の都合だけで話を組み立てる身勝手な身内)の勧める話は聞かないことに決めている。皆自分の都合を再優先に考えて、そこにコマとしての私を介在させるだけの目論見。冗談じゃない!自分で考え自分で決めたとおりに行動すれば、万が一にも失敗しても納得できる。

もう実家の町へ住む気持ちは毛頭ない。(これは東京から帰ってくるときにも、そう考えていた)
早く終の棲家を探さなければ・・・・・気持ちは焦る。
いつか、あの異常な街のことについて書いてあげようと思っている。多分、実家の町でも一番住みたくない町のトップに位置する場所だと確信している。
思い出すだけでも吐き気がする!

友人に昔録音してもらったテープ。インデックスを無くしてしまい、曲名もミュージシャンも分からずじまい。と、なる時になる。youtubeへダミーアップして、FBやらTwiで探している。Yahooの知恵袋にも今朝載っけた。

△桜の開花宣言。人混みと花は、どうでも良い。週末の墓参は、桜の名所を避けて行く。
里の花がひと息ついた頃に、そそと咲く山桜を探しに行く。・・・・って毎年のように宣言しているけど、あっという間に花期は過ぎてしまい、山あたりを走る頃には若葉の季節になっている、ここ数年。今年こそは、探しに行こっと。

2014年3月19日 (水)

天災ボケ・広島県人

●三月半ば、まだ車のフロントが凍っている。日中の陽射しはあるものの、まだまだ寒い。今度の土曜はひさびさ休めそうだけど、相方の定期健診。午前中いっぱい潰れるだろうから、お出かけ予定はたてられない。
暖かな日になったら しばらく行っていない、鞆へも行きたいし、山へも。尾道だって、しばらく行ってない。かと言って、Jazzのレッスンが捗っているわけでもない。この週末は、特訓だな。
春の陽が差し始めた


◆ひと雨ごとに季節が進むか・・・木曜の雨。
昨日とほぼ同じ時間に相方を送っていく。帰り道、見かける車や人は 昨日とほぼ同じパターン。デジャブ感。
みんな、機械的に日々の時を刻んでいるんだなぁと、改めて思う。これもリズムなんだろうなぁ。

○ 鼻がムズムズ・・・・
◆天災ボケな広島県が、揺れた!この街は震度4。それでも、高いところのものが落ちるわけでもなく、実害0で朝を迎えた。
震源が太平洋ではなく瀬戸内海ということで、心構えの更新をしなくては。

東日本の震災から三年ということもあって、数日前からTVで地震関連の話題がてんこ盛り。そんな中、日本海で深海生物が上がっているって言ってる局があった。海流か海水温の影響だろうって言ってたのが、チョット気にはなっていた。
揺れなきゃいいけど・・・そう思った。
結果、揺れた。 ○夜が明けて、余震もなく夕方。雨がふりだした。あの揺れのあとのこの雨・・・・いやなものが落ちてこなければいいけど・・・・。
ツイ友と、揺れたあとしばらく交流。どこの家庭にも、地震予知犬、予知猫、予知子供、予知亭主の類は、いないことが判明。残念だ。
天災ボケの広島県が揺れた!こまごましたものが倒れているのに後日気づく程度で、被害は皆無に等しい。天災ボケ更新中ということかな

2014年3月12日 (水)

なにやかやと、季節の変わり目変調とでもいいましょうか・・・

●2月ももう終わる。こう暇では困る。景気の悪さを物語っている。お上の旗振りは、地方の町にはさほど関係はないらしいが、値上がりの波だけは、確実に同時期にやって来る・・・。
パコ・デ・ルシアが亡くなったことをツイッターで知った。
すごいギタリストがいる・・・・そんなことでワクワクゾクゾクした日が、つい先日の事のように思えるのに。
年をとると、時間が過ぎるのが早いと聞いたことがあるが、60になったとほぼ同時に、時の流れ方が変わってしまったのかと思えるほど、時間が過ぎるのが早い気がする。体内時計が、時限爆弾のタイマーよろしく、カウントダウンを始めた音が そう感じさせているのか・・・。
六十というラインは、そういったラインなのかもしれないなどと、考えてみたり。

気候がだんだんと良くなってくる。少し体調を整えて、野に山に出かける算段でもするか。山へだって、いつまで行けるものなのか・・・・できることなら、いつまでも山を歩ける体力だけは維持したいものだ。それと、爺さんに似合う音楽を、早く完成させたい。(相方のベースレッスンを待っている間に、私自身もコード進行を忘れてしまったり・・・・もいちど、私もレッスンのしなおし)

今年も慌ただしく飾って、慌ただしく片付ける。そして、慌ただしく時間も過ぎてく

三月になり、水温む季節とおもいきや、本日は寒い。車のフロントは凍ってるし・・・。
まだ、春は遠いのか。
▲同窓会の名簿やらが送られてきた。欠席なのに、集合写真まで!?
見れば、不参加の原因の心身超未熟児が欠席!!なぁんだ、だったら出ればよかった・・・。大学の時の点滴の産婦人科医になっているKちゃんが参加したからだろうな、きっと。Kちゃんには会いたかったのに・・・・。ま、何れにしても、還暦同窓会で 縁切りだ。

考えてみるに、中学校までの同窓生と、未だに季節のご挨拶程度の軽い付き合いをしているのは、たった一人!!そんな同窓会がある事自体????心身超未熟児にとっての中学校までの時間というものが、最高にいい時間だったのだろう。
だったら、一人でやってろ!!と言いたい気持ちを大人の私はグッと抑えているのだ。
ま、わずかのカンパを送って、さいなら。季節の挨拶すらしないような仲の連中の、もうこれからは、入院しただ死んだだの連絡が入るだけのことだ。もう、そんな煩わしいだけの付き合いなんかやめて、お互いに そっと静かに生きようではないか・・・・・そう言ってあげたいのです、本当は。
●私が同窓会へ出ない理由の、人間。実は、病で倒れてたとの情報を得た。
私はどんなに苦手な相手でも、弱ったりした相手に『ざまぁ、みろ』と云う気持ちは持てない。
その苦手な男は、平気で「ザマァミロ」って人に対して言える男。
どういう状況かはわからないし知りたくもないけど、同窓生誰もが詳しい状況は知らないらしい。そうだろう、そこかしこにあることないこと(無いこと無いことが正解)有りもしない噂話を作って言って歩く男、憎んだり嫌ったりしている人は少なくはないと思う。と同時に、本人も自覚していると思う。
どんなにやな人間でも、ひどく苦しんでいると思うと ちょっと励ましてやりたくもなる。
私も、勝手なつくり話を言いふらされて嫌な思いをした。(殊の外、相方が嫌っている)
この手の輩には近づかないに限ると云う思いで、極力接触は避けてきている。(イジメとか無視って、こういうパターンで起こるものもあるのでしょうね)
しかし・・・敢えて・・・・「頑張れ!もう一度立って、世に憚れ」という言葉を贈る。
でも、以前にも増して嫌な性格になっての蘇りは勘弁願いたい(何れにしても、もう接触は金輪際ないとは思うけど)
◆季節の変わり目変調とでも言おうか、アレルギーの季節と言おうか、私も相方も今ひとつ体調が優れない。
ほんの少し前に、経理のことやらで顔を出した 以前の店のお客さんの会社。なんだか空中分解っぽい。店で使ってた、食器や調理器具をさし上げて使ってもらったりしていたけど、どうなるんだろこれから。頑張ってもらいたいなぁ。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

PacoWebOffice本家サイト

ninja01