« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月25日 (水)

クリスマスも・・・

●なんだか、お腹に来る風邪?相方も私も、ここのところお腹の調子が悪い。変なものを食べた記憶もないので、風邪?ということに。

店をやってたころ東京の親類のおばさんから贈られた、クリスマスタペストリー。私のお気に入りの一つ。ところが、店をやめて、クリスマスに飾った記憶が無い・・・・それと、何処へ行ったものやら・・・探しに探した今回は。なんとしてでも今年は飾るとの決意のもと。簡単に見つかるところにはなかった。それでも、今日の午後には発見!目下陰干し中。色もあせて、シミもついているけど 洗えない。
どこかの街のクリスマスの光景。スパンコールがふってあって、キラキラと楽しいシルクスクリーン。

○サンタの日が近い。クリスマスと誕生日のプレゼントは先渡しで頂いちゃったから、あとは飲んで食うだけ。イヴが連休明けの平日で、相方の残業があるかもしれないので 我が家のイヴは23日の祭日に。去年もこんなパターンだったような気がする。12月24日がイヴってんじゃなく、我家の場合はイヴは24日頃と云う感じ。時差出勤があるんだったら、時差イヴもアリかな。
●我が家のイヴイヴも終わり、本日24日は普通の日。飾ったもの片付けなくちゃ・・・ってぇほど、デコレーションしたわけでもないけど。
イヴイヴにあけた、クレマン・ド・ブルゴーニュのコルクの前に横たわる、サンタ。

ガラスのツリーと、狐。この狐、我家のクリスマスのデコレーションの一つとなっております。○十年前に、広島の北の方のガラス工場へ行った折、買って帰ったもの。

ガラスのツリーの前の、三匹のサンタ

というわけで、イヴはイヴイヴに済ませ、キーマカリーの24日の夜も更けていきます。相方27日まで仕事。年末年始、遠出の予定もなし。うちの近くでうろちょろしますか。

2013年12月 9日 (月)

12月も粛々と進んでいく

●日本の国って、そこまでキグルミが好きなの?
ご当地ゆるキャラ、ここまで引っ張れるかねッて思うくらい、引っ張りまくって マスコミもバカ見たく それに乗っかってるね。
どうかしちゃってるね、世の中・・・。ひょっとして・・・政治から目を背けさせる作戦?・・・考え過ぎか・・・
◆うっ!月末寒くなるって・・・・覚悟せねば。
毎月恒例のATM行脚。なんとか雨も上がったのでチャリで回る。知り合いのコンビニ店長が、先日頭の血管が切れたって言ってたので、お見舞いを言ってきた。
○北海道の積雪の風景をFB友のところで見て、縮み上がる。この辺りも明日明後日と寒気が降りてきて、平野部でも雪がちらつくかも・・・との予報。冬用じゃないけど、タイヤも履き替えたばっかりだし、少々の雪は大丈だろう。
◆風水上、玄関が暗いとよろしくないということらしいので、LEDの小さな電球を 店の頃ワインセラーの中で使ってた照明器具に入れて・・・・試してみたら、意外と暗かった1.2W LED球。ま、いいか。
○尽く朝が、辛くなってきた。
「このまま、夜が明けないで欲しい」と思う朝が、頻繁にある。
いずれにしても、こればかりは若い頃から今の今まで変わらない、冬の風物詩。
◆ユーティリティソフトを入れたせいかどうかは不明だけど、ここんところ、パソが挙動不審。マルウェア、ウィルスもチェック。それでも不安定。本腰入れてデトックスしなきゃダメかも。
○しばらく行けなかった墓参りツアー、明日は母親の命日でもあるし、この土曜日に敢行することに。もう30年かぁ・・・・あの日から

今年もまたこの曲を聞く季節がやってきた。

●30年前の絶望的な日を、うっかり忘れていた。昨日までは覚えていたのに。
母親が逝った日。寒くて、辛くて、苦しい日だったなぁ・・・・。人生で初めて、大きな心の支えを失った日だった。
明日は、墓参に行く。
◆旧友の楽器商の社長のところのwebを開いてみた。わたしが楽器の業界に身をおいた頃とくらべ、様変わりが著しくて 少々面食らう。
あの頃は、めちゃくちゃ高かったシュアーのマイクは、当時のプリモの国産マイクのような価格になっているし、もっと驚いた事に、彼の会社が今度新たに扱う商品に、チューナーと糸巻きが一緒になったやつ。ただ一緒になっているわけじゃなくて、一度チューニングを覚えこませると、次回からは連動してチューニングできるらしい。

チューニングの煩わしさ。プロのプレーヤーだとボーヤに任せるのかなぁ、今でも。
プレーヤーそれぞれの、微妙なピッチや、オープンチューニングの時に威力を発揮するとか。
なんだかすごいものが出てき始めている。
シャーラーがいい、グローバーがいい、クールソンがやっぱり・・・・なんて行ってた時代は、遥か遠い昔になってしまったみたいだ。このペグセットがすごそう!オートマチックチューニングマシーン
チューニングの煩わしさが解消できれば、ずいぶんと気持ちが楽になるプレーヤーが増えそうだ。

体験レポを楽しみにしている。

◆郵便局に不当な扱いを受けて以来、あいかわらず郵便局には不信感をいだいてはいるものの 、『年賀状は今年からやめます』宣言を出せないで、馬の絵柄の年賀状をせっせと作っている 自分がいます。

昔は、プリントゴッコを駆使して作ってた。一枚あたりのコストも考えないで、いろんなインクが出る度買い込んできて。
今だって、パソコンでプリントするコストはバカにならない。プリンターはばかみたいに安くなったけど、インクが高過ぎるのだ。日本では、まだプリンタにでかいインクタンクぶら下げて、ランニングコストを安くする物は売られていないのだろうか。もしあったとしても、リスクの高いものに付くのだろうか。それとも、業界が反対でもしているのだろうか。

インクが劇的に安くなれば、ペーパーレス化にも、多少の歯止めがかかるのかもしれない。

今更ながら、大昔のインクリボンのいらない熱転写用紙のワープロの時代が懐かしい。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

PacoWebOffice本家サイト

ninja01