« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月25日 (月)

虚言癖

●相方が寒気を訴えて早退してきた翌朝は、何故か私が熱っぽい。
心なしか喉も痛い。ここまで付き合いがいいのも考えものだ。
今年もヌーヴォの解禁は横目で見るだけ。飲むとすれば、赤道を二回よぎってくる船便だね。昔は、そういった意味合いも含めて、航空便が珍重されたが この航空便は航空便で、急激な気圧の変化でワインが吹くと云う現象に悩まされた事もあった。
神経質すぎることを望むなら、現地へ行って瓶詰めされたその場で抜栓して飲む・・・・これをやるしかないだろう
素養のしっかりしたワインは、そうやすやすとは壊れない・・・・・そんな説が飛び交った時代もあったなぁ・・・。

○自転車の事故。歩行者の傍を通るときは、徐行・・・こういった意識が希薄。相手が避ける・・・こんな意識を持った稚拙な人が多いんだろうね。
坂道とか、やはりハンプが必要。確かに、自転車にとっての走りづらい道路が、走りやすい道路に変貌している。段差もなくし、フラットな道路が広がっている。・・・・これが問題なんだろうねぇ。
○ダンナ殺害の女房の共謀性・・・・・ワタシ的には、限りなく黒に近いグレーを感じるね。
知り合いの会社にも、『虚言癖女』がいるらしいけど、話を聞くと最悪。
嘘つきってのは、幼少時にしっぺ返しを受けるなりして癖としては残らないのが普通のような気もするけど、これが癖になって いい年になっても身にこびりついている人間っているんだねぇ。

そう・・・・知り合いの会社の虚言癖女、二度目の結婚をするらしいけど・・・・嘘のメッキが剥げた時には 二度目の離婚もありそうだけどなぁ・・・・。
だいたい嘘に塗り固められた人間の言動ってのは、概して見破れるものだね。(そこまで完璧なストーリーを作って言ってる嘘では無いということですね。それが本能的にできる人間は”詐欺師”として独立できますね)

いずれにしても、嘘つきとは私は付き合うことはできないなぁ・・・わたし。

2013年11月21日 (木)

ボジョレー・ヌーボーの季節

●なんだか、今後のことを考えると、心身ともにフニャァ~ってなっちゃってます。
そだ、年金の受給予定はがきを見てからのことだ。いい加減なところでぽっくり逝っちゃったほうが楽っぽいなぁ・・・・って金額。ホント、考えさせられますよ (´ω`。)
フォトショップでもイラストレーター同様、クリッピングマスクの加工ができることを確認。強いて言えば、抜き文字と背景の順番が逆ってぇところでしょうか。普通に作ると、文字の中に背景の紅葉が入るだけです。半透明のバックは、もう一枚背景を追加しています。

○ここのところの歯の不調で、憂鬱な日が続いている。今日もう一度歯医者へ行ってくるつもり。
●今日は、もうまな板の上の鯉を決め込んだ。歯石もとってもらって、チョット口の中スッキリ。二日後にも一度行く。今日も寒い日だった。
○昨夕(相方が超残業で2030以降だったけど)から、抗生物質を飲む。朝夕の二度だけ。細菌が悪あがきをしているのか、今日の午前中は少々しんどかった。明日は、歯医者へ。もらった抗生物質で、ある程度のメドが立つといいんだけれど・・・・
FBの扉を替えた。市内の緑町公園の桜の落ち葉を、ねずみ目線で。AF、ISのお陰でファインダーを覗きこむことはいらなくなったので、色々なアングルからの絵が撮れる。画期的なことだ。

○金曜日、一旦様子見ということで、歯医者開放された。開放の日、担当してくれた歯科衛生士さん。大風邪ひき中。マスクをしているとはいえ、風邪をひきやすい私にとっては かなり危機的状況。支払いを済ませ、大急ぎで帰宅。いつもより念入りに手洗い、うがいをしたことは言うまでもない。
翌土曜日、お昼前は風邪はうまくスルーできたと確信している。
明日の日曜日は、またお天気崩れるとの予報。相方はここのところずっと土曜出勤。相方を休めてやるには、ちょうどいい雨かもしれない。
ツイ友さんご紹介の、タイカレーを駅ビルのキャンドゥーに買いに行く。ダ○ソーより、お店が小奇麗な感じ。並んでいるものも。
早速帰って食してみたら、結構うまかったので、また買いに行ってストックしておくつもり。

●ボージョレ解禁日のことで、ツイッターでウジャチャカ。第三木曜日は今日か、それとも先週か・・・。わけわからなくなった。
10年前までは、解禁数日前から、なにやかやと忙しかった。それが、今では・・・。ヌーヴォを買って飲むこともなくなった。
せいぜい、一ヶ月遅れの船便のヌーヴォーを買って飲むくらい。
最近は、エアーのみで、船便を扱わないところも多くなった。
時間の経過とともに、季節の風物詩も変わっていく。

●JQを、ず~~~~っと使わずにいたら、すっかり使い方を忘れていることに気づく。もいちど、一から勉強しなおさなきゃだな・・・。フラッシュだ、ジャヴァだに惑わされ、結局は、こんなもんでいいというところでJQは落ち着くんだろうなぁ。それ以上の動的なサイトは誰も望んではいない。そんなものを見て喜んでいるのは、同業者くらいのものだろう。

2013年11月12日 (火)

季節の変わり目、あちこち不具合が出る・・・年頃

バネのベクターイメージが急遽必要になって、ストックから探そうと思ったけど、何処へ入っているものやら。やっつけで作りました。フォトショでも作れるけど、タタキを拾ってきて、ベクター化させるのが取り敢えず手っ取り早い

○歯医者への月曜日。憂鬱!歯医者にはトラウマが有る。
「あんたがお腹にいるときに、カルシウムをあまりとれてないから、歯が弱い子になったよねぇ」生前母親が口にしていたこの言葉に端を発して以来 今日まで、私は『歯弱』を自覚もしているし、歯医者が大の苦手となっている。
痛い歯以外に、ダメな歯を入念にチェックされて 一生涯歯医者に通わないといけなくなるのではないか・・・・ついそう思ってしまう。

東京で暮らしていた頃も、知人や職場の人間に とにかく痛くしないで、余計な治療もしないで、早く終わられせてくれる歯医者をリクエストして、教えてもらったものだ。
中には、普通の住居の畳敷きの部屋に診療台のある、古典っぽい歯医者へ行ったことも有る。
歯科治療は、今と昔では治療法も随分と違っていて、大昔治療した歯の中から、綿が出てきた時には驚いた。しかし、そういった治療をしていた時代もあったとか・・・。

そうした、大昔に大昔の治療法で修理した歯が、だんだんと加齢とともに、傷んできているみたいだ。今更 歯や歯茎を鍛える術があればいいのだけれど、以前よりは歯医者の世話になる機会は増えていきそうだ。憂鬱。
この街も、秋は深まって もうじき冬。

●連チャンで歯医者へ行こうと夜中には考えた。でも、朝起きて考えなおした。一日、あれこれやってみて痛みが出るようなら行こうと。歯医者へ行くこと、私にとってはとてつもないストレス。帰ってくると、どっと疲れが出るくらいに。

2013年11月 5日 (火)

ちょっと寒くなってきた

●雨だけはよく降る。でも、まだ嵐らしくはない。航海訓練所の練習帆船 日本丸と、海王丸は、台風をやり過ごすべく予定を変更して瀬戸内海に錨泊中。記憶に新しい座礁事故の経験を踏まえているとみえ、いずれの艇も 陸から離れたところに佇んでいるとみられる。
それくらい揺れるんだろ・・・・。
○今日の金曜日も雨。ATM行脚、車で行かなきゃなぁ・・・。
●台風は行ってしまったものの、曇天な土曜日も、相方出勤のため宅仕事。それでも、窓から差し込んでこない陽に、凹んでしまう。年々、長雨の憂鬱度が高まってくる。来年の梅雨時期はどうしよう・・・・。
いつも行くスーパーに、やっと県内産レモンが並んだ。地産地消をお上は声高に唱えるけど、普段目にできるのは防カビ剤をまとった外国レモンばかり。しかも県内産、3個100円と安い。いいコトだらけなのに、何でいつもないのかなぁ。早速、コーヒーカップでレモンティ。(ティーカップ、買ってこなきゃな)いい香り~~~σ(゚ー^*)
紅茶の葉っぱだらけだけど、いい香りで 許す!

●数日来、キッチンが魚臭い。お弁当で使う魚の缶詰の汁が、どこかへついているんだろう。結構しぶとい。
○10月最後の日。あぁ・・・今年も残すところ、あとふた月・・・と、テレビでも口々に、同じセリフが吐かれている。
●今日から霜月。
11月3日、お城界隈で行われている、アートウォークに出かけてきました。インスタレーションが好きで、一応毎年やってきてます


作品に載った雨粒が、作品の一部になっています

お庭にある庵に腰掛けて、休憩。ふと見上げると、天井が面白い造作になっていた

●偶然テレビで見た、辰巳芳子さんって料理家の先生。料理の奥深さを再認識。って、決して小難しいことではないということが、よ~く分かった。
こういった先生の、気負わない素朴な料理を見てると、キッチンに立ちたくなるから不思議です。 ○通常、人の出会いというのは 色々と複雑な要素の混じったプロセスの結果に生まれるものと思っている。ですから、その御縁である出会いは大切にしなくてはいけないと思います。
ところが、その複雑なプロセスを端折った出会いを、ネットの世界は実現してくれています。むしろ、簡単に出会えて ストレスフリーな会話が楽しめれば、それでよし・・・。反面、気持ちの通じ合えない人とは、思い切った別離が必要だと思うのです。
それが許されている世界だから、ブロックの機能とかも持たせてあるのではなかろうか・・・・と。
今朝、星野さんの采配を八百長呼ばわりするジャイアンツファンのフォロワーを、(だいたい星野さんが八百長でジャイアンツが負けて、どこがどう八百長なのだろうか????)ブロックしますた 
(v^ー°)
どこかの大成功している会社の社長が、「あまりに不合理、無理難題を言ってくるお客は社員に、切ってもいいと指導している。でないと、社員が仕事に自信をなくし、時としては人格までも否定されてしまう。そんな不健全な会社ではいけない。
会社にとって望ましくないお客様とはご縁がなかったと思って、また別のいい御縁を探すよう指示している」と。
私がサラリーマン生活を送った時代には、考えられないような指導だけど、実に理にかなっていると思う。
経営者が一番大事にするのは、財産である信頼する社員であり、その次がクライアント。当然の理屈だ。

客がなにを言っても許される時代では無いのだ。(ま、概して無理難題を押し付けてくるようなクライアントは、大した商売をしていないところが多いのも事実)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

PacoWebOffice本家サイト

ninja01