« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月27日 (火)

少しずつだけど、ぽかぽか・・・・








Twitterで豆柴が「ねぇ~、知ってる?ふりかけの、のりたまには『こしあん』が入ってるって」って呟いていたので、以前懐かしくて買っておいた『すき焼きふりかけ』にももしや・・・と思い原料を見たら・・・・入ってたぁ~こしあん・・・ってぇ話
牛肉の旨味をギュー、漉し餡の旨味もギューってぇことね。ふむふむ


手ぶれ、ボケボケの天体ショー。手持ちで夜空を取るのが相変わらず苦手です
一番上が金星、その下に細い月があって、その下にちょっと暗い木星が並んでいます。夜空を撮る練習しなきゃ・・・・

3月23日(金)/

先日のちょい寒尾道のログ。全行程7キロちょっと。ひざの調子は今ひとつ(今後これ以上に快適にはならんだろうねぇ)。だけど、いつも行く中国山地の低山ハイク程度なら十分行けそう。

「歩かれたんですかぁ!?」って・・・尾道行くときにゃ、いつも歩く距離だけど、Twitterで驚かれた。現代人は、歩かないもんなぁ。旧日本人の私は、二本の足が動く間歩くのじゃ。

海のそばは、とても気持ちよかった。午後になると風が出始めて冷えてきたので退散。(左一番上が駐車場。ここがスタートでここがゴール。左下隅の辺がJR尾道駅。)

自己顕示欲の塊みたいな水上バイクが煩い曲かけてやってきて、我々の目の前で停船。みぃ~んな、無視!まるで透明人間に気が付かないようなそぶり。もちろん私も、あさっての方角へカメラを向けて・・。ああいったやつらは、シカトが一番頭くるんだろうねぇ。煩く円を描いて東のほうへ走って行った。おまえは、トンビか!?結構いい歳っぽいやつ。円描きながら海にでも落っこちれば、みぃんな気づいてくれたろうにね。くくくくく・・・・
朝から本降りの雨。気温もさほど高くない。

近所の梅畑の梅もすっかり咲いた。
花を被写体に追いかけるほどの『花フリーク』ではないけど、やはりこの季節、花が咲くのを見て春を実感する。

3月24日(土)/ちょっとずれ込んで墓参り

住んでる町の墓所一件、実家の町の墓所5件、墓参敢行。最初の墓は雨に降られた。実家の町へ向かう川沿いの道で、町を覆うような虹を見た。このとき雨は上がっていた。実家の町のスーパーでトイレストップ。ついでにちょっと買い物。すると、試供品のバナナをもらって相方が帰ってきた。虹を見たラッキーって、このバナナだった?

ラッキーついでに、帰ってきてネットしてると、MSNのポータルで、バナナを長持ちさせる方法が書いてあった。房から一本一本切り離しておくといいらしい。早速、虹のラッキーでもらったバナナを切り離した。ついでのこと、新聞紙にくるんでおいた。バナナから出るエチレンガスが追熟を促すのだとか・・。

実家の町を通るバイパスの道の駅の開所式をかねた、バイパスウォーキングイベントが催されている日だったので、結構混むかと思いきやぜ~んぜん。今月末に供用開始されっると言う糸崎ランプでは、ふと山側のうえを見ると、まだ使われていないバイパスのフェンスから、沢山の人が下を見下ろしていた。まるで電線に止まっている沢山のスズメみたいでおかしかった。

3月27日(火)/昨夜の天体ショー

寒かったけど、思い切って部屋の外へ飛び出して、Twitterで呟かれていた天体ショーを見た。自然ってすごいね。改めてそう思った。いろんな事象の価値観が損なわれている今の時代、この手のものを見ると 心洗われる気がする。寒く、風もあったせいか空気が澄んで、目の悪い私でも いい感じに見えた。
仕事帰りに、ちょっと回り道。近所の農業試験場の桜、咲いてないかなぁ・・・・・咲いてない!ぽかぽか陽気の午後。昼寝にはちと寒そうだけど、確実に気温は上がりつつある。なんとなく、心そわそわ・・・・




2012年3月22日 (木)

無事だったぁ~

3月19日(月)/日、祭の中日

何とはなしに、体に緊張感のない月曜日の朝を迎えています。
言い換えると・・・朝眠くて体がなかなか起きない・・・・と言うことです。季節の変わり目に、体がついてこないのは今更始まったことではありません。
今日から桜の名所、尾道の千光寺でボンボリに灯が入るらしい。私が狙う桜は、もう少しあとの山桜。
午後、片づけがなかなか捗らない中、無性に引っ越したくなった。何とか来年には引っ越せるよう、今日から片付け~。(って、何度そう思ったことか・・・でも、今回はちょっと本気)
一番波動が弱っているときに越して来た場所故、ずっと、波長がずれたまま。なんとなく気持ちが高まらない場所は、基本的には波長の合わない場所と判断する。そんな所へ、ぐずぐず長居してもいい事はない。
引越しを視野に入れた荷物の整理を始めると本気で決めた月曜日
もう、店の再開も100%諦め(正直、心のどこかで、諦めきってはいなかった)、以前の店の残骸をすべて廃棄することに。辛い作業になりそう。

3月20日(火)/春分の日

なんだか寒い朝。
もちろん桜にはまだまだ早い千光寺へ気分転換に。

10時過ぎには千光寺のPに到着。気の早い屋台が、店を開く準備だけしている。桜も咲いていないのに、結構な観光客。う~ん・・、やっぱり、尾道の空気を吸い込むと、心落ち着く。
この日の尾道、お天気は決していいほうではなく 時折陽射しはあるものの、ちょっと寒い。
桜のつぼみは膨らんではいたけど、99%開花は無し。なかに、小さい若い木の桜が、数輪花を咲かせていたのには驚いた。
いつもと同じ光景。それでいて、いつもと同じようにほっとできる尾道 いい町です。

地元のじいさんは、歩きながら・・・或いは、自転車に乗りながら、人前憚らず平気で『カーッ、ペッ!』って唾吐いてるし、100%外部の人間を歓迎しているとは思えない光景にも一杯出会ってしまうけど、それでも、ほっとできる町に変わりは無い。

尾道の、観光客を意識した行政は進行していると見え、そこかしこの公衆トイレ、また、町のあちこちに、ちょっと腰掛けられるベンチなり、椅子なりが配置されている。
これは、観光客に優しい行政だ。観光行政の歴史は古い町ではあるが、以前はガッカリのほうが多かった。しかし、しまなみ街道開通、町村合併に伴い、町は観光行政に本腰を入れ始めているように見える。
ビジターから言わせていただければ、まだまだ満足できない部分は沢山ある。が、着実に前進している姿勢は評価に値する。

テレビの舞台に使われたりで、公に晒されることこそ、地方の町にとっては進化の大きな要因と考えられる。地方は『恥』を晒されることをとても嫌う。ちょっと小洒落た場所へは、普段着では出かけたくない気質なのだ。人目を気にするたちなのだ。方言で言うと『ふうが悪いことは出来ん』となる。

いろんな形で、全国からの目に晒されると言うことが、地方の町の意識付けにはとても重要な特効薬と言えそうだ。
春の高校野球が始まった。我々の時代に比べて、選手がデカイ!何食ったら、そんなになるんだ!?

3月22日(木)/無事だった

深く静かに潜航していたワケは分からないけど、長野の元上司の無事が確認できた。目の不調があったにも拘らず、何やらこまごまとしたものを作り上げて送ってくれた。
共有ブログに再び食いつくかは不明。易しいことだけど、難しいことのように勘違いされておる。一緒に仕事をしていた頃(もちろん若かったけど)は、もっといろんなことに興味を持ってチャレンジされる方だったのに・・・と、ちょっとさびしい気がする。
陽射しはある。けど、ちょっと寒い。広島県の桜の開花予報が三月の末日と。あと、10日かそこらで桜咲くか?急速に暖かくなっていくのかな。




2012年3月18日 (日)

春?



『最近使っているマクロレンズ』写真では分かりにくいですが、レンズメーカーのものではなくダイソーで売られていたルーペをばらしてレンズだけ取り出しています。クローズアップレンズなんてこんなものです。ボケ味が出て、結構いい雰囲気になります。

3月15日(木)/休肝日の今日・・

朝起きると、えらく首が痛い。右左に回すのも苦労するくらいに。四十肩・・・いや、五十肩・・いや、六十肩ならぬ、六十首!?ろくろ首みたいだ。風邪か???
この歳になると、『えっ!?何だろう?』ってサプライズがしばしば体に起きるようになってくる。なんだか、憂鬱だ。若いころのように、痛かったところも、翌日には 嘘のようにケロリと治ってしまっている・・・・なぁんて奇跡は、もう起きないのか?私の体。

本来なら休肝日の今日木曜日。明日金曜日は、相方が職場の送別会とのことで、お迎えに行かなきゃ行けないので、明日を休肝日にして 今日は飲んじゃえ!ってことに。
こんなことを独り言のように言うたび、相方は「どうぞ。ご自分の体と相談してください」と、ちょっと冷たく言う。そうだよなぁ、私の体なんだもの。

しかし しかし、もうアラカンなのだし、隔日で休肝日にしたほうが良いのかもしれない・・・・などと時々は健気に思うのだけれど、なかなか実行に移せないでいる。
ま、バカ飲みもしていないし、もうしばらくは摂取させていただこう。

3月16日(金)/歯医者

終わったばかりの歯医者へまた行くことに。
私が、そろそろ都落ちをしなくっちゃって、思うか思わないかの頃、当時住んでいた東京の国立の南口に、時々行っていた歯医者があった。前歯に欠損があり、そこが油断すると虫歯になっていた。その駅前の歯医者、患者でやってくるのは最後と知ってか知らずか、なんだか、すごく気合を入れて修理してくれた。(今思えば、まるで自分の治療技術の痕跡を残すかのような治療だった)
結果、昨日の夕飯時にポロリと取れるまで、ほぼ30年間歯にくっついていてくれてたワケだ。生きてきた、ほぼ半分の年数、歯にへばりついていてくれてたわけだ。ありがたかった。
が、その部分の修理を思うと憂鬱だった。大変な修理が待っているのではなかろうか・・・・と。
先日終わったばかりの、私のごひいきの歯医者へ今朝予約を入れて行った。今日は徒歩はやめにして、自転車で。
手が凍えるくらい、外気は冷たい。
予約の時刻を少々ずれ込んで治療開始。すると、ものの30分足らずで欠損部分を埋めてくれた。今朝までの憂鬱は、一気に吹っ飛んだ。
風邪だかで首が痛いのはそのまんまだけど、ひとつ憂鬱が消えたことで、心はウキウキだい!
良い歯医者さんは見つけたけど・・・・・原則、歯医者は苦手(概して、医者は苦手)に変わりは無い。
改めて・・・・ほぼ同じ時期に、私の口の中で地殻変動が起きているのか?人工的にかぶせた銀やセメントの類は、いうなれば地球の上に建っているビルや家屋、橋といった構築物だろう。その下、生の歯や歯茎、骨の類を地殻と考えれば・・・・えっ!?地殻が変動・・・・動いてる?顔の形とかも、変わっていっちゃうんだろうかなぁ・・・・それを成長と捉えるか、劣化と捉えるかのところだな。急に快速球が投げられるようになった・・・・急に、猛スピードで走れるようになった・・・・こんなことは絶対にないもんなぁ・・・と、言うことは劣化のみってことか・・・・ちと、悲しいし、さびしい・・・。
空を飛べる夢とか、猛スピードで走る夢とかを見るようになってくるのだろうか。まさに夢見るって感じで。
土曜の夕方、宗教の外人がドアチャイムを鳴らす。忙しいから帰ってくださいと。ちょっと悲しげな顔がかわいそうだったけど、お話に付き合ってる暇もない。しかも、春分の日には墓参りを敢行しようとしている仏教徒なので~す、あたしゃ。制約を受けるような宗教は真っ平ごめんなのです。朝鮮の邪教はいうに及ばず!神は人それぞれの心の中にいらっしゃるのだよ!生き神なんていやぁしないんだよ!くたばれ、朝鮮邪教!くたばれ、ムーニー!(挑戦邪教の教祖はこう呼ばれている。お前は、紙おむつか!?)

なんだかでっち上げ写真の掲載が多くなってきました。写真を選んでても、なんだかうんざりする写真ばかり。今ひとつ気持ちが浮かないせいもあるのでしょうけど・・・・




2012年3月13日 (火)

火曜日・・・まだ寒い




図書館の近くのカレー屋さんの壁画。なかなかシュールで良い猫。













オンライン(海外)で写真の加工が出来るサイト(ここをクリックでサイトへ飛びます)。でも、画一化したパターン 何度も使えませんね。

3月8日(木)/

お昼を食べてるときに、たまたまテレ朝を見ていたら、幻冬舎の見城徹氏がオセロ問題をぶった切っていた。実に心地よかった。中島が占い師にマインドコントロールされていたんじゃなくって、くだらない話題をさも面白いことのように、我々視聴者が、マスコミによってマインドコントロールされそうになっていたのではないのかと思えるような発言。最後に、どこかの新聞が書いていた「中島の今回の件の暴露本。出版社が争奪戦をしている」に、「そんなもん誰が買うんですか。ノリピーの暴露本だって売れなかったじゃないですか」ごもっともすぎていて、実に愉快だった。

この件に関しては、Twitter、FaceBook・・・あちこちで絶賛しておいた。テレ朝の司会者の二人がタジタジしているのが、滑稽でよかった。ま、私としては、マインドコントロールや霊感詐欺を時の話題にしてくれたことは、実にいい傾向だとは思ったが、私自身、オセロだの霊能者だの、そんなことはどうでもいいことなのだ。マインドコントロールする方にもされる方にも問題があることを認識すべきだ。健康な体はめったに罹患しないのと同じで、健康な心であればマインドコントロールなんて跳ね返すことが出来るのだ。

しかしこの時期、大学とかの新入生を悪魔が狙っていることに間違いは無い。気をつけるべし!
いつまでやるのかはわからないけど、BSで延々と無料で見ることの出来る映画を放映し続けている。我が家のテレビは、チューナーがひとつしかついていないので裏番組を録るなんてことは出来ない。もっともそこまでがっついてテレビも見ない。ただし、地デジ化に伴い外付けのハードディスクはひとつ買った。

後々見たくなるかもしれない映画をHDに録り貯めている。

3月11日(日)/隣町と、そのまた隣町では・・

午前中もお天気は変だった。あの震災から一年たった今日。午後には、Twitterに隣町と、さらにその隣町で雪が降ってるとの呟きが飛び込んできた。
なんだか変な風邪をひいたみたいで、昨日今日とおとなしくしていた。自宅聴き用のフラッシュメモリーにJazzの追加を放り込んでた。
もう少し暖かくなったら、しまなみを自転車で走りに行こう。今度は、もう少し先の島まで。

3月13日(火)/

寒がここまで戻るか!?ってな月曜日。火曜も、めちゃくちゃ寒い。春って、本当にやってきてる?
朝、GSへ。0800過ぎの今日火曜日の日差しは強い。いつもより1時間遅い行動で、こんなにも日差しが違うんだぁ・・・・ちょっと感激。
ここのとところの朝の寒さに、春なんて近づいてもいない!・・・と恨みもしたけど、これは間違い。今朝の日差しを見て、春は間違いなく近づきつつあることを実感。
ちょっと気分の良い朝。

でも・・・空気は冷たくって、ちょっとガッカリな午後。
元上司に、共有ブログを作って誘ったまでは良かったけど、1日以降うんともすんとも言わない。目の調子が悪いって言われてたけど・・・・大丈夫なんだろうなぁ。しばらく私一人で続けるか・・・・復帰が無理そうだったらクローズしますか。

最近のマイブームは、尾道の話題をTwitterでピックアップすること。諸刃の剣のような町だけど、まだ、興味は続いている。住めば住んだで厄介なことが多い町のような気もするが・・・。いずれにせよ、田舎町なんてのは保守的で厄介なことが多いことは、前住んでいた町で嫌と言うほど味わわせていただいた。経験則としてインプットはされては居るが、実践で役に立つかどうかはちょっと不安・・。

先日、城跡で出会った昭島に住んでらした方との会話にもそんなことが話題になった。東京でのこざっぱりとした暮らしを一度味わうと、田舎の粘着系の空気にはなかなか馴染めない。いまだに町内会へは未加入。ここいらは、古い人間が多くて・・・・大変らしいことは、市役所の係りの女性(ダンナの郷里についてきた余所もの)にも同情された。だから、町内会へはぎりぎりまで入らない。
行く先、もっと田舎へでも越すことにでもなれば、最初っから『ゴロニャン』しちゃうんだ。




2012年3月 8日 (木)

歯医者事情

3月7日(水)/3年ぶりの歯医者

右下奥歯の銀が外れかかったので歯医者へ。3年前くらいに相方が見つけてきた歯医者さん。こちらがお願いした仕事だけを、淡々とこなしてくれる。やっと、良い歯医者さんにめぐり合えた。

この町で、何件もの歯医者さんにお世話に(?)なった。この町には、なぜか歯医者が多い。ところが、多くの歯医者は、オーダーしない仕事までもしたがる。余計に通わせたがる。しかも、インフォームドコンセントなしにだ。

酷い歯医者に当たったことがある。店へ来てくれる客でもあったが、良識ある良い歯医者だと思っていた。あるときその歯医者へ行くと、オーダーの治療とはまったく関係の無い歯をいじくる。歯医者の女房がだ。前もって、初めて行ったときにアンケートを書かされ『痛い歯だけを治療する』に丸をつけたにも拘らずだ。店の客でもあるので、あまり酷いクレームはよそうと思い、「あのう・・お願いした歯は、そこじゃなくて・・・」と言うと、その女「その歯の治療をしている間に、どうせこちらの歯も悪くなりそうだから、治しておこうと思って・・・」としゃあしゃあと皮肉っぽい返事!頼んでない治療は、無料でやるのか!?そうじゃねぇだろ?しかも、何の相談もなしにだ!私の店では、客にオーダーされないものを勝手にテーブルに並べたりはしなかったぞ。「どうせ、食べたくなるでしょ」と言って。

医者と名がつけば、何をやっても許されると思っている?ただでさえ市内にごまんと歯医者がある。頼んだ歯を治せばいいのだ。それ以外の歯を、お宅に任せるか任せないかは、こちらが決めること。その歯医者との付き合いも途絶えた。先生と呼ばれる商売、客の歯を修理して幾ばくかの御足をいただく、『商売』に変わりは無いのだ。先生と呼ばれて、有頂天になる前に、商売人としての原理原則を叩き込まなければいけない歯医者が、この町には多い。

以前当店に、お客様としてきてくれていた前の市長(残念なことに故人となられたが)。その息子さんが、学校の先生であられる。その先生、毎朝 生徒が登校する前に学校へ出勤し、教室の掃除をされるそうだ。あるとき、父兄の一人がそのことを問うたそうな。「なぜ、先生は、生徒に掃除をさせないで、ご自分で教室の掃除をされるんですか?」と。すると、その先生は答えたそうな「生徒は、我々教師にとって大切なお客様です。そのお客様からお金をいただいて私たち教師は、飯を食っているんです。当然のことですよ」と。その教師にとって教室は、店なのだ。

聖職だのと煽て奉った言葉が飛び交うなか、きょう日多くのいんちき教師が悪事の限りを尽くしている。教師と云う職を、誰に頼まれたわけでもなく自分自身で選んで、ちゃんとサラリーをもらって生徒を教える。商売ではないか。教師は聖人ではないのだ。教師と言う商売なのだ。前市長のご子息の先生は、立派な職業教師だと思った。モンスター何某だのと、昨今騒いでいるが、商売人に意味不明のクレームが来ることは昔から当たり前のこと。教育も、正真正銘の『商売』だと言う意識付けは、必要なことなので無かろうか。現に、いただいたお金以上のことは出来ませんって、子供たちに塾を勧めているではないか。部分、商人になるのではなく、丸ごと商売人になるべきだ。恩師なんて昔から居なくて、もし仮にいたとするなら、それは世話になった、親切なお店の人となんら変わりは無いのだから。

世の中には勘違いが、延々とはびこっている。

3月8日(木)/

なんだか春がやってきたって感じのお天気なのに、週末から来週頭にかけて寒波が入り込むって・・・・。本当かなぁ・。灯油が微妙。18リットルじゃなくって、10リットルくらい売ってくれないのかなぁ・・・。
マルチフエールストーヴが欲しい。でも、高い。




2012年3月 5日 (月)

雨降りの月曜日

3月2日(金)/Clone作成

来る日は間近い・・・・そうは思って、交換用のHDは、とっくの昔に購入していた
それでも、何とか動いてくれてるので、もう少し、もう少しと・・・
パソの調子は日に日に悪くはなっていたけど、ぎりぎりまで・・・・
昨日あたりから、F1キーを押さないとOSが立ち上がらなくなった
もう限界?・・・・・今日、慌ててCloneを作った。
不良セクタがいくつかピックアップされた
6時間ほどかかってCloneは完成。もちろん、不良セクタはignore!
不良セクタをチェックしたせいか・・・・少し調子が戻った
今度クラッシュするときは、完璧に折れるだろうね。
ま、も少し使うかね。Cloneもあることだし。
本当は、このクローンに、まめに上書きして持っとけば完璧なんだろうけどね・・・
ルーチンワークが増えるのもねぇ・・・・・

3月5日(月)/雨の月曜日は・・

雨の月曜日。今日、明日、ポッコリと時間が空いてしまった。
明日は歯医者へ行ってからの仕事としよう。

先週は、相方の会社の先輩からいただいたお雛様を飾って。お雛様だけじゃさびしい気がして、ボンボリと屏風を作って・・・作ったかと思ったら、もうしまわなきゃな月曜日。
図書館近くのベーグル屋さんに、まだ食べにいけてないので、市販のベーグル買って来てサンドにして食べた、いつかのお昼だったり。
ダイソーで、エアープランツの入れ物と思しき鳥篭のようなものを見つけて、でもそこにはエアープランツは無く・・・鳥篭は買わないで、後日別のダイソーでエアープランツだけ見つけて、三個買って・・・・また、鳥篭売ってたダイソー行って、以前買わなかった鳥篭みたいなのを三個買って、我が家に鳥篭みたいなのに入ったエアープランツがやってきた日曜日だったり。
いつ修理したかも忘れたけど、右下奥歯にかぶせてあった銀が外れて、明日の火曜日には歯医者へいってこようと決心した日曜の午後だったり。

朝から大雨降りの、今日と、火曜日がぽかりと時間が空いてしまった月曜日なわけで・・
朝から、録りためといたフラッシュメモリのJazzな気分。
お彼岸には墓参りに行かなきゃって考えもするし、線香たての砂がいつもがちがちに固まっているのを、何とかできないものかと考えてみたり・・・
いろんなことを、チャンポン状態で考えたり、考えるのをやめたりの雨の月曜日の朝。静かに時間だけ過ぎていく。

歯医者に予約入れとかなきゃ・・・



« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

PacoWebOffice本家サイト

ninja01