« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月27日 (火)

イヴも終わり、そして・・・


いい歳した大人二人家族の我が家のクリスマスケーキに、賑やかな飾りは必要ない。スポンジと生クリームとイチゴ、それと、少々のリキュール水。
出来合えのスポンジは、なんだかぼそぼそしていてあまり美味しくない。来年は、泡が命のスポンジも焼くことにしましょう。

ドラフト2位指名で登場のブルーチーズ。思った以上のブルーで、「これで十分じゃん」ってなことに


イヴのワインは・・・思い悩んだ末、ブリュットなカヴァに。店で使っていた、朝顔グラスを探し出してきて。


カヴァのおまけについていた、星型にカットされた金もグラスに入れての、メリークリスマスでした。

12月26日(月)/イヴの続き

・・・・結局スポンジを買って、今年のイヴはケーキを作る!
ってなことになって、てっきり25日の日曜日の”我が家のクリスマス”と
思い込んでいた私。
土曜日の夕方図書館で待ち合わせていた相方は
「えっ!?これから帰って、ケーキ作って、お肉焼いて・・・」
なんてのたまう。
じゃぁ、こんなところでのんびりしてられないジャン!
図書館をそそくさとあとにして
ポンパドールのチーズ入りバゲットを買いに
東のショッピングセンターへ
気温は低い
のんびりやってたら、またもイヴの夕餉も、いつもの21時過ぎになってしまう
イチゴ切って
スポンジにラムを塗って
電動のホイッパーでホイップクリームを泡立て・・・・
ずぼらして、冷やさずホイップしたものだから
7分くらいまでしか固まらない
そうこうしているうちに、お腹もすいてきて
もう、7分でもいいから・・・と、自作の回転台に載せたスポンジに・・・
これからは左官仕事
でも、ゆるいホイップは、うまく絞れず
とてもとても写真でお見せするわけにはいかないので
思い切りぼかして、ご紹介
今年のイヴも終わって、あとは新年を迎える準備。毎年のことながら、この冬の休暇はあっという間に過ぎてしまう。寒さのせいもあるのだろうけど、当初思い描いたスケジュールの半分以下の完遂度。

ならば、150%のスケジュールを立てておけば、100%完遂・・・・ってなことになるかというと、そうもいかない。

この寒さ・・・・大きなネックです。

今朝は、車の上に、ポツリポツリと雪の名残が残っていた。少しだけ、このあたりでも雪が舞ったのでしょう。

そうそう、25日の夜には、ちっちゃいベースアンプも届いて、音だししてみました。ちっちゃいのに、ビビリもせずちゃんとした音が出ています。いろんな意味で、楽器も進化しているのでしょうね。
この冬休みには、しっかりベースをレクチャーしなきゃって思っています。



2011年12月25日 (日)

~イヴ


12月22日(木)/単休!?

相方は週末、三連休どころか 休みは日曜日の一本だけ。我が家の、クリスマスは25日ということで。そうだね、こんな不景気な時代だもの、のんびり三連休なんて・・・・・・・ね。

来年も、早いところは元日から営業なぁんてなってる商業施設。いろんなものを買い溜めていたのは、はるか昔のことになってしまいました。今の時代、時間は何のメリハリも持たず、淡々と過ぎていくものになってしまいました。昔は、時間の経過に その時々で表情があったということなのでしょうね。こんな無表情な時の流れに慣れきってしまってていいものなのでしょうか。
スーパーで旬の先取りなんてばかばかしい商品が並ぶはずだ。





山でツリーに使えそうな木を、ちょいと拝借してきた。でも、もみの木ではない。おまけに、葉が針のようで、オーナメントを飾ろうにもチクチクと痛い。いい加減なところで、痛すぎて嫌になって省略した。

12月23日(金)/ブルーチーズが・・・

クリスマス、お正月用にいつも買うブルーチーズを探した。
無い!
この時期、チーズ類の品薄は予測はしていたが、こんな町で、あのブルーが・・・・出るか?
あとは、味の薄らぼけた個性のかけらも無いチーズしか売っていない。
あぁ・・こんなことだったら、やっぱりネットで注文しとけばよかった。もう地元のスーパーなんて当てにするのはよそう!・・・・・と、こうなって、地元での買い物が減るのです。

地元のスーパーとかは、真剣にネット販売対策をしないと、撤退ってなことになりかねませんよ。お年寄りだって、一度ネットで買い物してなれちゃえば、わざわざスーパーになんて行かなくなるのですよ。
地元のお店は、襟元正す時期にさしかかっていますね、絶対に。

ついでに、荷物の山の中から、店で使っていたチーズフォンデュのセットも掘り出しておいた。正月には、超久々にチーズフォンデュもやってみるつもり。
エメンタールとグリュイエールもどこかで探さなきゃ。



12月24日(土)/ベースアンプ

相方は今日も仕事。帰りに図書館で待ち合わせることに。29日からの冬期休暇をひたすらに楽しみにしている様子。
「ベース、ちょこっと音出すのに小さなアンプほしいなぁ」って・・。
「生音でだって、練習できるじゃん」
「音が出たほうがいい」
なぁんて言うものだから、チューニングアンプみたいなのをサウンドハウスに注文した。どんなアンプがいいのか、さっぱり分からないから、『ベースアンプ 人気 安い』で検索。そこへ出たのを注文した。あれこれ悩む買い物でもないだろうから。

あとは、私のミニコンポだね。
サンタさん、早くもって来て!



2011年12月24日 (土)

Merry Christmas



I wish you a joyful Christmas from the bottom of my heart.

2011年12月22日 (木)

和色


親類の叔母が送ってくれた、熊谷守一の来年のカレンダー。素朴なタッチの絵が、すごく良い。いつも私好みの贈り物を贈ってくれる。

12月20日(火)/海の向こうが騒がしい

時代は、澱みなく動いていることを実感。でも・・・・・本当の涙なの?

何かと気忙しい時期にさしかかってきました。
なんだか、今年も前進しなかったなぁ・・・。根本的なことをチェンジしないと駄目なのでしょうね。私の場合、まず住処を変えるってことが重要な気がしてならないのですけどね・・・・・大難問なのです、これが。



12月21日(水)/寝過ごした

朝、目覚ましを見ると6:44!完璧に寝過ごした。
こんな朝の目覚めの時には、目覚ましが鳴ったか、まだ鳴っていないか・・・・鳴ったと思ったのは昨日の朝のことだったのか、今朝のことだったのか・・・・こんなことが頭の中を渦巻きながらの目覚めとなる。そして、目覚ましの時刻を見て、現実的に目覚める。

・・なワケで、今朝はバタバタの我が家。相方を会社まで送っていくも、いつもの朝と様子は違う。通勤通学の人は沢山歩いているし、車の数も多い。朝の顔は、短い時間の間に七変化。





12月21日(水)/そう、これも

超久々に裏山へ。真夏の、青々(緑々)はいつの間にやら、枯葉色一色へ。中には枯れていないものもあるのだろうけど、和テイストだらけになっていた。

カメラの被写体には、枯れたものばかりを追いかけた。枯れたもの、もしくは枯れかけたものを、息を凝らしてじっと見ていると、なんともいえない奥の深い色合いに思わずため息。日中でも、気温はさほど上がらない今日の午後、すれ違う人も ほんの少しだけでした。



2011年12月19日 (月)

Jazzな日曜日


今までのBGMと系統は同じ感じだけど、リラックス感大で、温かい家庭の雰囲気たっぷりの曲です。やっぱ、子供がいると『家庭』って感じがしますね。
ミュージシャン、曲名ともに不明。

12月17日(土)/残業続き

相方のハード残業は続く。今日は、アッシー君。もう、ここの所ずっと、帰りは21時過ぎ。土曜は出勤。
「来年もこんなだったらどうしよう・・。何処へも行けないし・・・」普段滅多に愚痴らない相方が、珍しく泣き言。
確かに、連休がなくなってからというもの、どこへも出かけてないもんね。

何か自分たちで始められればいいけど、今はリスキーなことはできない。
しかも、買い手市場の昨今、仕事はなかなか見つからない。
相方が残業なおかげで、ややもすれば 我が家の夕食は22時近くから。
ま、今はじっと我慢の子ってところです。




いつかの記念日だかに空けたワイン。ラベルの整理もせず、引き出しから出てきた。今じゃ、買う元気も出ないようなワイン。


いつもフリーペーパーでコンサート情報は取得しているものの、出かけていったことがなかった。今年は、お出かけが減少している反動で、思い切って出かけてみることに。超久々の生音に浸れて、良かった良かった。

この日のコンサートとはまったく関係のない、小林香織さん。美形の女子sax。jazz女子の先駆者的存在?

12月18日(日)/Bingo Combo jazz Forum

日曜日は、クラブワールドカップ決勝。その前に、15時から近くのホールで行われる『Bingo Combo Jazz Forum』へ。徒歩で30分の距離。
女子のsaxやdrumが居たりで、今後が楽しみ。女子のsaxは、まだよちよち歩きっぽかったけど、jazzする女子はカッコいい。
drumの女子は、キャリアあるみたいで、すごくよかった。女子ヴォーカルはすべて、ちょっと残念!もっと、個性を出せたらいいかなぁって思った次第。3時間のコンサート終了後、19時からのサッカー決勝に間に合わせるべく、早足で帰宅。

一気に、年末のお楽しみ二つが終了した日曜日でした。



2011年12月16日 (金)

県北は雪?


いろんな人の影響で聴くようになったAOR。今でも時々懐かしくなって聴く。

AORも引っ張り出してきて聴くけど、最近は椎名林檎も聴いたりな日々。でも、のめりこむ事は決してない。

12月14日(水)/

昨夜は、大きな廃棄物を車で100メートルあるかないかの集積場まで運んで、なんだか久々の引越しをしたような感覚に。
ベッドのウレタン二枚とソファーベッドは、車の屋根に積んでロープをかけた。ロープワークは手馴れたもんだ。
まさに、プチ引越しですな。

荷降しをしていると、近所のお政治おばちゃんなのでしょうか、犬の散歩を装ってじわりじわりと近づいてくる。
様子を窺がっているのはミエミエ。
しかし、こういった人は必要なのですよね。
こんなご時世、粗大ごみの日に人の遺体を捨てる奴だって・・・・いるかも知れない。
ふたご座流星群が、14日~15日にかけて観察できると・・。15日2時ごろに、天空辺りにいて大放出が見れるって・・。さてさて、起きていられるかどうか・・寒そうだし無理かも。






以前やっていた店で開けたワインのコルクのほんの一部。私の宝。いつでも眺められるようにディスプレイを企て中。リーズナブルなワインのコルクレス化を考えると、貴重なコルクの山。もちろん、私にとって。他人には、ただのゴミ。

12月15日(木)/鴨のロースト

イヴには、久々に鴨をお取り寄せで食べようと言う話が持ち上がった。チーズだってお取り寄せしたい。

鳥類肉が食せない私も、店を始めるときに「鴨だけは大丈夫」と自分自身に言い聞かせ、暗示をかけた。
結果、鴨の胸肉は少々食えるようになった。
ワインと合わせると旨い。(実は、このワインと鴨をあわせた香り、味わいを記憶にとどめたかった。)


バルサな木曜日が終わって、あとは日曜日の決勝を楽しみにするだけ。
日曜日の午後は、地元のビッグバンドのジャズを聴きに行ってみる。つまんなかったら、すぐ帰るつもりで散歩がてら。
年々生音から遠ざかる。地方にいると尚更のこと。



12月16日(金)/雪空

こんな言葉があるのかどうかは知らないけど、今日は白いものが舞っても不思議無いくらいの空模様。県北はしっかり雪だるまマーク。終わったね、今年の山歩き。



2011年12月13日 (火)

粗大ごみ


久々に赤ワイン(コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ)とお肉。農事コンクールでメダルを取ったワイン。これも、ある程度の品質の保証になりますね。
レタスとトマトだけのシンプルサラダと・・・
最近安物のワインしか飲んでいないせいか、コルクの打ってあるワインに出会うと、ちょっとうれしい。それほどまでに、リーズナブルなワインのスクリューキャップが普及してきたってことでしょうね。ヴァン・ド・ラネはスクリューキャップが当たり前の時代がやってくるのでしょう。

12月11日(日)/見逃した月食

なにやかやと忙しい日曜日。外はどんより鉛色の空。
昨夜は、皆既月食が見れたはず。
ずいぶん前から楽しみにしていて
昨夜は図書館から帰りに、大きな満月は見上げた
見上げたのだけれど・・・月食のことはすっかり忘れていた
月食の、心への気配はあったのかもしれないけど
月が欠けている頃は・・・
夢の中とまではいかないけれど・・
ベッドで、借りてきた本を読んでいた頃かも・・
ただただ、残念!
英語でlunaの近くを探ると・・
精神異常や気○がいみたいな言葉が羅列されて・・
あの美しいお月様とは
イメージが大きく違ってくる
それほどまでに、月ってなにやら特別なエネルギーが存在しているんだろうねぇ

スノコ代わりのベッドをニトリへ買いに行く。
二台のうち一台は在庫なくって後日配達。
一台は軽トラを借りて持ち帰った。今時、軽トラだって、オートマなんですねぇ。
ギヤチェンジを覚悟していた私は、ちょっと拍子抜け。
ミッションの車に久々乗れると、楽しみにしてたのに・・・。
持ち帰ったベッドは、取り敢えず組み立てた。made in chinaも仕方ないね。




12月12日(月)/大型家具廃棄の日

年に一度か二度しかない?大型家具廃棄の日の下準備で忙しい。
スプリングマットって、これほど面倒くさい廃棄物はない。
東京で、何度かスプリングマットを捨てた。
最後に捨てたのは国立で。
前もって市役所に電話して、マットに住所、氏名を書いた紙を貼って回収の前日に出すように言われた。
ご指示のとおり、住所名前を書いたマットを出入り口付近の電柱に立てかけて、仕事に行った。
帰ってくると、マットは無くなっていた。
二階の自分の部屋へ入ろうとすると、暗闇のドアにになにやら紙が貼ってある。
引っぺがして、中へ入って紙に目をやると、
「ご依頼のあった粗大ごみ、回収の日に出しておいてください!」
文章が、怒ってる。
へっ?マットはどこへ?
びぇ~っ!誰か持ってったのぉ~?
長年使って、草臥れ果てて、マット面もあまり綺麗でないものだったのに・・・・
よくもまぁ、あんなものに転がって眠ろうなんて考えられるなぁ・・・気持ち悪い!
でも、粗大ごみを処分できたことに変わりはないので、めでたしとしようと思った。



2011年12月11日 (日)

しまったー!月食見忘れてた!

12月10日(土)/グーグーだって猫である

なぁんも、見たいテレビもなかったので
トマト鍋つつきながら、HDに録りおいていた
『グーグーだって猫である』を観た。
昔の吉祥寺やらの様子が、ちょいと懐かしかった。
件の『トマト鍋』
思いの外、美味しかった。
半信半疑だったけど・・・
今度はオリジナルのスープ作りからはじめてみよう。
冬のレギュラーメニュに入りそう。
やっぱ、トマトっておいしいわ。





私はダイソーへまな板シートを探しに。今年のクリスマスは、我が家でケーキを作るらしいので、以前分解して廃棄したビデオデッキのパーツのベアリングを利用して、ケーキの回転台を作ることにしたのです。クリーム塗りつけるには、やはり回転台がないと綺麗に仕上がりません。さてさて、どんなケーキが出来上がりますことやら・・・・。


Twitterで紹介されていた。私自身ウクレレは弾かないけど・・・・それにしても、今度の正月で104歳って・・・・まだご存命なのだろうか。一生こうして楽器弾いてられたらいいなぁ。
ま、104まで生きられないでしょうけどね。

12月11日(日)/近所のダイソーにて

「おじさん、タオルはどこにあるかね」と、ばあさん
「さぁ?わかんないすね」と私
「そうだろうねぇ、わからんよねぇ」とばあさん
私を店員と間違えたわけでもなく、客の一人と分かってて質問してきたばあさん。
歳を重ねるにつけ、必ず一緒に身につけなければいけない術が、これか
「いやね、家にタオルは沢山あるんだけどね、トイレのタオルとそうじゃないタオルを別にしとこうと思ってね」と更にばあさん
いやいや、タオルの使い道を私に話したからといって、タオルの在り処が分かるわけでもなし・・・
兎に角、私のそばから離さないと、このばあさん私をダイソーガイドとして利用しそうだったので・・・
「はぁ・・・そうですか。だったら、あっちの衣類とかあるほうじゃないですか?」と私
「はぁはぁ、そうかもしれんねぇ。はい、ありがと」と言って、老婆は去った。
誰にでも、当たり前のように話しかける・・・・老人になったら、必要なことなのでしょうね。
良いタオルはきれいなところで使って、便所で使うタオルをダイソーに探しにきた老婆。台所のタオルも、お風呂場のタオルも、便所のタオルも・・・・多分、あのばあさん一人しか使わないんだ、きっと。
だったら、綺麗に洗濯しちゃえば、綺麗も汚いもないんじゃないの?って言ったら、きっとくどくどと違いを説明され、説教食らったことでしょう。
でも、老人から馴れ馴れしく話しかけられることって、ちっとも不快じゃないのも不思議なことです。



2011年12月 9日 (金)

寒っ!

12月8日(木)/クラブワールドカップ

始まりますねぇ、いよいよ。18日の日曜日まで目が離せない。

テレビのドラマって、見ることほとんどなくなっていたけど、
番宣があまりにも激しいので、昨日『家政婦のミタ』を初めて見た。
以前、市原悦子の『家政婦は見た』と言うドラマをやっていたのは知っていた。
てっきり、その『見た』のギャグ版だと思っておった。
お話の構成としては、大した複雑さはないけど・・・それはそれで楽しめました。




12月9日(金)/めっちゃ寒っ!

県北は雪か冷たい雨の予報。
そのせいか、沿岸部も朝から冷たい風が吹いている。
あぁ、もうすっかり冬。

足の指ぶっつけて悲鳴上げながら、部屋の片づけが第一段階終了しそう。取り敢えず、大きい家具(ベッドのウレタン2枚)がなくなるのが来週。引越し準備だと思えば、自ずと力も入る。
まだまだ、始末つけなきゃいけないものが沢山ある。
来週中にも、自転車の車載ギアとハーネス(いずれも未使用)を蚤の市にアップしてみよう。売れねぇだろうなぁ・・・・。
いったん帰宅後、ATMへ。チャリで・・・・って外へ出ると
雨。
北の空は晴れているのに、ここは雨。
少し待つも止まない。
結局、安直に車で出かける。
運動不足になっちまうなぁ・・・。

お客さんから、WebのSEOの問い合わせ
google analyticsを紹介しといた。
設置・・・・多分大丈夫ね。
今日は、有無を言わさず『トマト鍋』に決まっている
どうも、最近私がどうしても
食べたいものが思い浮かばないので
相方の希望メニュになるケースが多い
何か、リクエストするメニュ考えとかなきゃ
相方の選択を避けるために
時々、苦肉の策で
『トン汁』
って言ってみたりする。実際、代打の切り札なのです
私は、これ一杯あればご飯は完結するほど
食べたいもの浮かばないときは、これでOK。
あぁ、なんと言う安上がりな亭主だろう!



2011年12月 6日 (火)

28年目の鎮魂


母が亡くなり、その翌年には何もかもをリセットする決心をして28,9年が過ぎた。もうじき30年か・・・・・・長かったのか、短かったのか・・・気が付けば、歳だけとって、2011年の冬を生きている。

12月6日(火)/今日12月6日は私にとっての鎮魂の日

ちょっと寒い朝だけど、あの日はもっともっと寒い朝だった。

お天気が崩れてくるせいか、あまり寒さは感じない。町は師走らしくなってきているのだろうか。もう少しすると、ただでさえ少ない仕事の量も、急速にフェードアウトしていく。新たなことを考えるにはもってこいの時期がやってくるけど、いつもこの時期になると掃除やらであたふたと忙しくなる。ま、掃除も気持ちを入れ替えることの一部と思って頑張ってやりましょ。

いつの大晦日だったか・・・・隣の岡山にある美星町の天文台付近まで行った記憶がある。何の目的があったわけでもなかったけれど、疲れきった体と心がいくらかでも癒されるかもしれない・・・・・町の名前が、何となくそんな気がしただけでした。もちろん、夜の店を明けなければいけないので美しい星を見るまでもなく帰ってきましたけど。
いろんな苦悩で埋め尽くされていた頃。年越しそばの仕込みで忙しそうな一軒の食堂で、私たちも時間的にちょっと早い年越しそばをすすった。
夜は夜で、さほど儲けにもならない店を開けなければいけなかった。大晦日から元旦にかけて、家に帰ることもなかった時代。オールナイトでやって、常連さんやらが来てくれる割には儲けなんてなかった。なんだか、店の方向性が思惑からだんだんとずれていくジレンマに思い悩んでいた頃。その地の人々によって、店は都合のいい場所に塗り替えられていくという辛酸を舐めさせられた。目先の利益についふらふらと、迎合せざるを得ない自分たちが嫌になりもした。あの店は、あの時にやめて良かったと今では思えるようになった。

今年も、大晦日には どこか近くの里山にでも上がってくるかな。
いろんなことを思い出すには、山がいいかも。

2011年12月 5日 (月)

師走突入・・・な話


最近やたらとfujifilmの化粧品のCMでかかってるmusic。邦名:”キャラバンの到着”・・・とのこと

12月2日(金)/週末は、また雨?

この土曜には山へ出撃しようともくろんでいた・・・・が、雨模様。今年の山は、断念しようか・・・・そう思っていたら、相方が「土曜出勤になっちゃたぁ」と。躊躇なく山を断念することになった。
今年も思ったほど山へはいけなかったなぁ・・・と述懐。

朝出かけるときは寒かった。午後帰ってくる頃には、どんより曇り空で 気持ち暖かい。



音楽の逸話本の類はあまり読まない。でも、これは面白い。jazzの進化もよく分かるし、いろんな裏話は、ついつい夢中になってしまう。殊に、持っているjazzアルバムの裏話がいくつも出ていて、ザクザク読めてしまう。
ジャコ・パストリアスという天才ベーシスト(故人)が、広島公演に来て、原爆の犠牲者に鎮魂の意をもって、自分のベースを川だかに投げ込んだ逸話には驚いた。もちろん、水没したベースは翌日のコンサートでは使えず、急遽代替ベースを調達してのステージだったらしい。かなり可愛そうな終焉を迎えた天才ベーシスト。大好きなベーシストだった。

12月3日(土)/キムチ鍋な週末

朝から、雨。
「今日はキムチなべ!」朝一番に相方から宣言があった。にんにく類を翌日勤務のあるときは、相方は絶対に口にしない。客商売じゃないんだから、少々ニンニク臭くたって・・・・・と言っても聞かない。だから我が家では、ぺペロンとかも原則休みの前日にしか食べれない。義理姉のカルト問題が大きくなってから、何とはなしにキムチも食べる機会を逸していた。別に、キムチまでもが憎いわけではないのだけれど・・・。ただ、何とはなしに・・半島から意識を遠ざけようとしている自分がいる。

「キムチなべなら・・・牡蠣とか入れてみる?」と私。「牡蠣もいいね。でも、牡蠣フライも食べたいね」と相方。「じゃぁ、牡蠣フライにする?」と私。「いいや、今日はキムチなべ」と相方。
ややもすれば、こんな会話をしているうちに、夕飯のメニュが変わることしばしばの我が家だけれども、今日のキムチ鍋は揺るがなかった。



ニトリの屋上から北のほうを。中央あたりに見える山が、いつも歩きに出かける蔵王山。それにしても、荒れ荒れの空模様の日曜日でした。

12月4日(日)/

蛍光灯が一灯切れた。部屋が暗い。もう、そろそろLEDか?

空の雲はずいぶんと荒れている。急に曇ったり、南のほうの空には積乱雲のような雲が張り出したり。


2011年12月 2日 (金)

免許更新のお知らせな話






免許の更新とは一切関係のない、落ち葉とガラスの狐。落ち葉は、ごくごく最近の我が家のすぐ近くの紅葉。狐は広島市の北辺りにある、ガラスの里でずいぶんと昔に買ったモノ。

11月30日(水)/違反運転者講習

11月も終わってしまう。なんだか、あっという間の一年?・・・・と、つい、月並みな言葉が出てきてしまう。

車の免許の更新はがきが来た。しっかりと、『違反運転者講習』とある。それも、二年も前の、ついうっかりの些細な出来事を、今 改めて思い出させてくれる嫌味なはがき。
運悪く、不幸なことに、たまたま、網を投げ込んだところを偶然通りかかった感じで・・・二度レーダーで捕まっている(古いレーダー探知機設置しているにも拘らず・・・一回は、電源の不備で探知機がならなかった。二回目は、同乗者とつまらない話題で盛り上がっていて・・・ピンポン鳴っているにも拘らず、うっかり意識できず・・・・その先で、ピットイン。いずれも、探知機の能力不足ということではなかった)・・・ったくぅxxxx
捕まったとき、公僕は獲物に食らいついた肉食獣のように、勝ち誇った顔、後はじっくり食べるだけみたく、無機質な超事務的な口調で「お急ぎでしたか?」なんて、白々しい事言われ、ワンボックスを出るときにも「まいど~」とも「ありがとうございました」とも言われず(何も受け取ることもなくお金を払わされるにもかかわらず)、決して安くない罰金を払わされ、おまけに更新時には『違反者』として犯罪者扱い。小さい子供なら、絶対にぐれてしまうね、ここまでやられたら。
交通事犯が公安の思惑通りに減らないで、罰金収入が途絶えないのは、こういった心理的な苛めで、ぐれたドライバーが増えていくお陰なのでしょうね。

はぁ~、早いうちに行ってこよっと。


12月1日(木)/

昨日、30日は私の大好きだった友人の命日。家庭内暴力、校内暴力ですっかり居場所をなくした男だったけど、根はとても優しい男で、私とはすごく気のあったやつだった。でも、思い出すと・・・・悲しみでいっぱいの奴だった。最後は、自暴自棄気味になって、自殺じゃないけど、駆け足で逝っちゃったよ。30日の日は、岡山の病院へ見舞いに出かけようとしたところへ、訃報が入った2003年の昨日のこと。
私は店をやめた年。店をやめて暇になったら、焼肉パーティでもやろうよって、10月に電話で話したばかりだったのに・・・・・思い出すと、今でも辛く、悲しく胸が苦しくなってくる。

母の命日も、もうじき。祈りの日が立て続けにやってくる冬の入り口。


« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

PacoWebOffice本家サイト

ninja01