« この秋、初のXXXXX | トップページ | ココ最近 »

2011年11月 6日 (日)

吉備津神社と吉備津彦神社

吉備津神社&吉備津彦神社

ふと思い立って、岡山の吉備津神社へ。そこから歩いて吉備津彦神社へ。一字違いの神社。帰って、似て非なる二つの神社が、何故すぐ傍に存在するのか・・・いろいろ調べると、いろいろ理由があることが判明。それは・・・・詳しいことは、ココでは避けます。更に長くなるので。
吉備津神社のほうは七五三で大賑わい。”彦”のほうは、さほどでもなかった。左のログ写真をクリックすると、大きいウォーキングルートログを見ることができます。左下が吉備津神社。右上が吉備津彦神社。電車の駅一つ分の距離。帰りは、田んぼの中のサイクリング道路をウォーキング。

吉備津神社

七五三のお参り客で、賑わっておりやした。七五三関係ない我々は、そそくさと本殿をお参りして、お社から離れた。立派なお社。神社に流れる凛とした空気は、なんとなく心落ち着かせてくれるから不思議。

吉備津神社の長い回廊

長い長い回廊が訪れる人を驚かせる・・・・って、事前に予備知識を持ってくる人ばかりだから、驚く人は居ない。しかし、この長い回廊・・・どういった意味があるのか・・・。小学校のときの渡り廊下どころの長さではない。雨に降られては困る人が通るためのものなのだろうけど・・・

大銀杏

お社の裏には、大きなイチョウの木があって、その木から舞い落ちた黄金(こがね)で、境内は埋め尽くされていた。これも、長く寒いモノトーンの季節へのプロローグ。

吉備津彦神社

山を巻いてテクテク歩くこと30分弱。こちらでは、桃太郎とお供のサルの着ぐるみが迎えてくれたけど、着ぐるみもボランティアのおじいちゃんの観光ガイドもお客が少ないせいか、超手持ち無沙汰な様子。桃太郎とサルしか居なかったのが、客足の少なささを物語っていた。思わず、「雉と犬は?」って聞きたくなっちゃったもの。桃太郎、子供も連れていない私に躊躇しながらお愛想してくれたけど・・・・・リアクションに困ったよ、おじさんは。神社の裏手を散策していたら、サルが休憩室の小屋のほうへ、投げやりな歩き方で歩いていってた。

閑散とした境内に、頭のでっかい着ぐるみが、無言でオーバーなアクションでうろついているって・・・・・結構怖い気がしたんだけど・・・・。BGMの桃太郎の歌が、閑散とした境内に虚しく鳴り響いていたね。

ウォーキング

吉備津彦から吉備津神社への帰り道は、来たときとは違った田んぼの中を通るサイクリングロードを歩いた。途中バカ長履いて川の中に入ってるおじちゃんが居たので「何が採れます?」って聞くと「うなぎ」って。でも、先日の台風のときに大水が出て、下流へ流されたみたいで、仕掛けにはうなぎは入っていなかったみたい。
マイサイクルやレンタサイクルで走っている人が沢山居た。自転車で走りたくなった。今度は、自転車積んでこよっと。

国分寺

吉備津神社からの帰りに立ち寄った、国分寺。何度かココへは来て、五重塔も何度も、何度も同じアングルから撮った。撮ってて・・・デジャブ?と勘違いするほど、同じところから同じ向きでカメラを向ける。
逆光気味で、シルエットっぽくなった。ここでも、写真を撮る意欲は、さほど沸かず・・・1時間もしないうちに帰路に着いた。

概して今日は、私好みの光は得られなかった。やっぱ、いい光が差しているときは、写真撮りたくなりますもの。

« この秋、初のXXXXX | トップページ | ココ最近 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1342013/42884492

この記事へのトラックバック一覧です: 吉備津神社と吉備津彦神社:

« この秋、初のXXXXX | トップページ | ココ最近 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

PacoWebOffice本家サイト

ninja01