« 手仕事市やら・・・・のこと | トップページ | 比婆山山系・・・・今回は、池の段だけ »

2011年10月 6日 (木)

日本のHalloween

昨日までの好天とは打って変わって、本日は朝から雨なりの、水曜日。

傘を差して歩くも、体がベチョベチョに濡れた。どうも、雨の日の歩き方が私は上手くない。リュックを乾かすのに、帰って除湿機をガンガンまわした。

雨の日もたまにはいいなぁ・・・・なぁんて、気持ち的には言ってるけど、歩いて出かける用がある時にゃ、こんな気持ちどこかへ吹っ飛んでしまう。

「雨を気にしていたら、山歩きなんてできない」親父の友人の山男が言ってた言葉。そう、山は雨降りの多い場所なのです。雨降りの山は歩いたことはありません、今のところ。いつか、良いレインウェア買ったら、歩いてみたいですね。雨の、山。
このあたりじゃ、ハロウィングッズはあちこちで売っている割には イマイチ盛り上がりに欠けるハロウィン。
実家の町では、節分の日に子供が大きなビニール袋(未使用のゴミ袋)を持って家々を回る。「鬼の豆、ちょ~だい」って。
ハロウィンに似た風習がある。

我々子供の頃は、ごくごく近所を回って、みかんとか、大豆とかの質素で素朴なものを小さな袋に入れてもらってたけど、長い年月の経過とともに、子供たちが持ちまわるのは、大きなゴミ袋(もちろん未使用)にかわった。お菓子をねだるサンタクロースといった風に。それがお菓子でいっぱいになると、一旦家に持ち帰り、空のゴミ袋を持ってまた回る。この強かな根性を、学校の勉強に発揮してくれればと、どこの親も思うのだろう。

実家の町で店をやっていた頃は、入り口に子供の群れがいつの間にか集まっていて・・・・そう、ヒッチコックの鳥の感じで・・・・節分の子供の襲来がちょっと恐怖に思えた頃もあった。

子供だろうが大人だろうが、犬だろうが猫だろうが、蟻だろうが・・群れているものは見る者に恐怖心を抱かせる。

ローカルなイベントも、過熱しすぎると絶滅の道を辿ることになる。

駅前あたりの飲み屋とかで、お菓子の変わりにお金をくれるという時期があったみたいで、問題になったことがあったらしい。
こんなことが当たり前のようになってくると、『鬼の豆禁止令』が出てしまうということになりかねない。(今のところ、学校によっては禁止されているところがあるのかもしれないが・・・・定かではない)大人の軽はずみな行為が、ささやかな伝統を滅亡させてしまう。子供の責任ではなく愚かな大人の責任だ。

« 手仕事市やら・・・・のこと | トップページ | 比婆山山系・・・・今回は、池の段だけ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1342013/42331779

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のHalloween:

« 手仕事市やら・・・・のこと | トップページ | 比婆山山系・・・・今回は、池の段だけ »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

PacoWebOffice本家サイト

ninja01